そう語るのは2週間から効果を発揮する「視力回復 動物カード」眼トレで、話題を集めるアンチエイジングの専門医•日比野佐和子医師と眼科専門医•林田康隆医師。『1日1分、2週間 眼トレ』(KKベストセラーズ)発刊記念コラム「目の新常識」を紹介します。

◇遺伝や年齢のせいにして老眼や近視を諦めるのは早い!

眼トレをした人としない人では、老化のスピードに違いが出る。

 

 これまでは近視でも老眼でも、一度落ちた視力は回復しないと言われてきました。諦めて眼鏡やコンタクト、手術などで「矯正」する選択肢しかありませんでした。今でも「歳をとったら老眼になるのは当たり前だから、老眼鏡を作ってください」と診察を終わらせる眼科医もたくさんいます。

 確かに強度近視を含む軸性近視、乱視、進行しきった老眼など、治るとはいえない屈折障害もあります。しかし、遺伝や年齢、時代のせいにして諦めるのは、まだ早いと思うのです。世界を見わたせば、さまざまな研究が進み、近視や老眼の原因も少しずつわかってきています。目と脳の連携メカニズムや生活習慣病の関与なども明らかになり、基礎研究から再生医療、眼科の治療法、矯正ツールに至るまで、日進月歩の進化を続けているのです。

◇目にもストレッチが必要です

 そして論より証拠、実際に眼トレで視力を回復させた人がたくさんいます。

目の運動を、この「視力回復 動物カード」を使って行います。

 私たちが提案する目のストレッチはその方法のひとつ。これは目の焦点を近くから遠くへ、遠くから近くへと変えて、目の調節力を鍛える運動です。

 とはいえ、「眼トレはした方がよいとわかったけれど、なかなか続かない」という声が多いのもまた事実。今回、新たに考えた「視力回復 動物カード」(『1日1分、眼トレ』/KKベストセラーズ)は、そうした患者さんたちの悩みから、少しでも楽しんでできるものをと考えました。

 これは右図のカードのネズミやキリンの絵が、ストレッチの際に、別の動物に見える……というもの。現在の自分の目の調節力が大丈夫かどうかを判断できるとともに、眼トレそのものが上手くできているかどうかをチェックすることもできます。

 目がよくなることは、生活の質を高め、人生を明るくします。眼トレには副作用がありません。取り組む時期が早いほど、効果が実感できます。

 さっそく今日から始めて欲しいと思います。