Q.「継続を力にする」方法とは?

 こればかりは、自分が経験を積んでいく過程で築き上げていくものでしょうから、私から「これをやれば大丈夫です」と安易には言えません。

 ただ、ひとつ言えるとすれば「自分に敏感になる」ことが大事なのかもしれません。
 自分を第三者的な立場で、常に俯瞰して見られるかどうか。 あとは、やっぱり仕事を好きになることでしょうか。そこから「極めたい」という気持ちを持ち続ければ、いつか自分が納得できる成果を得られるのではないかな、と思っています。

 私の場合は、野球が好きであるということを除けば「無駄な努力」が苦になりませんでした。厳しい練習を毎日することは苦手でしたが、ランニングやキャッチボールといった簡単なメニューをこなすことは得意でしたね。
 ローテーションの中6日のメニューは27年間変えずに続けましたし。具体的に説明するとこうです。

 1日目……30分間のジョギング

 2日目……登板での内容が良ければ休養日。悪ければレフトからライトまでのポール間走を10本(その日のコンディションによる)

 3日目……180メートルダッシュ10本

 4日目……110メートルダッシュ10本+ピッチング

 5日目……50メートルダッシュ10本

 6日目……30メートルダッシュ+ピッチング

次のページ 本数は若手と同じだけこなし続けた