わが国の総理大臣、安倍晋三。二代目ルーピー。憲法改正を唱えるが憲法のことはよく知らない…

一国の総理大臣の憲法理解によって国は混乱し、国が滅びるような事態になりかねない。

まずはそれを認識すべきなんでしょうけれど……。前途は依然暗い。

まずは安倍首相が以前発言した内容がこれだ。

※以下、適菜収著『安倍でもわかる政治思想入門』から本文一部抜粋引用

 

憲法について 二〇一四年二月三日 安倍晋三の国会答弁

「憲法が権力を縛るためのものだったのは

王権の時代。その考え方は古い。

今われわれが改正しようとしている憲法は、

国家権力を縛るためだけではなく、

私たちの理想や国のあり方、未来について

語るものにしていきたい。」

 

 集団的自衛権の行使について安倍が説明する中、弩級のアホ発言が飛び出した。

 「憲法が権力を縛るためのものだったのは王権の時代。その考え方は古い」って完全にルーピー(間抜け)でしょう。

 これが小学生の意見なら微笑ましいし、中学生の意見なら「しょうもない」で終わる話だが、一国の総理がここまでバカだと危ない。

 もちろん、いつの時代だろうが憲法は権力を縛るためのものである。

 近代だったら民主権力を縛る。

 権力は必ず暴走するからです。

 で、自民党の改憲派は、現行憲法は「理想的すぎる」と批判してきたんじゃないの?

 安倍が知るはずもないが、憲法学では「固有の意味の憲法」(広義の憲法)と「立憲的意味の憲法」(狭義の憲法)は区別されている。広義の憲法という視点においては、憲法は国家権力を縛る機能だけでなく、国家の秩序の根本規範、つまり国の形(国柄)を表現する規範と捉えられている。

 当たり前の話だが、それは伝統による正統性を持った規範であり、「私たちの理想や国のありかた、未来について語るもの」ではない。安倍が妄想を膨らませて「理想の国家」を語ったものが憲法になるなら、それこそ王権時代への逆戻りである。

 

著者略歴

適菜 収(てきな・おさむ)

1975年山梨県生まれ。作家。哲学者。ニーチェの代表作『アンチ・クリスト』を現代語訳にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『日本を救うC層の研究』、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(以上、講談社)、『死ぬ前に後悔しない読書術』(KKベストセラーズ)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)など著書多数。安倍晋三の正体を暴いた渾身の最新刊『安倍でもわかる政治思想入門』(KKベストセラーズ)が全国書店、Amazonにて好評発売中。