暗殺現場となった興禅寺の跡に建つ宝篋印塔:伝・三村家親供養塔(写真提供/岡山県久米南町教育委員会)

 

織田信長、真田幸村、井伊直弼、坂本龍馬―――。日本史上、暗殺や討死によって最期を遂げた人物は数多く存在する。では、その事件の実行犯となったのは、どういった人物だったのだろうか!? これは、一般的にはマイナーな『日本史の実行犯』たちの物語!

 

戦国史には、精確な狙撃術で名を残した者たちがいます。このコラムでも取り上げた武田信玄を狙撃したという「鳥居三左衛門(とりい・さんざえもん)」や、織田信長を狙撃したという「杉谷善住坊(すぎたに・ぜんじゅうぼう)などがそうです。

そういった戦国のスナイパーの中で、日本史上初めて銃による要人暗殺を遂行したと言われる兄弟がいました。その人物こそ「遠藤兄弟」で知られた「遠藤又次郎(またじろう)・喜三郎(きさぶろう)」だったのです。

遠藤兄弟は阿波国(徳島県)に生まれでしたが、備中国や美作国などを流浪して、備前国津高郡加茂(岡山県岡山市)に居を移していました。この地を治めていたのは“戦国の梟雄”というべき謀将・宇喜多直家でした。直家は主君を追放し、舅や娘婿などを続々と暗殺するなど、勢力を伸ばすためには手段を選ばない人物として恐れられていました。

伝来して間もない火縄銃の扱いに長けていた遠藤兄弟は、この梟雄にその腕を買われ、宇喜多家に召し抱えられることになります。仕官は永禄年間の半ば頃(1560年前半)であったと考えられます。

この時、宇喜多家は窮地に陥っていました。備中国の大名・三村家親(みむら・いえちか)の大軍が宇喜多家の領地へ侵攻してきたのです。その背後には中国地方の大半を治める毛利元就(もうり・もとなり)が暗躍したため、三村家との合戦に気を取られていれば、毛利・三村と隣国の別の敵が手を組み、その隙に攻め込んでくることは明白でした。宇喜多家は正に存続の危機に瀕していたのです。

そんな最中、兄の又次郎は直家に屋敷に呼ばれました。

「家親が備中の成羽城(なりわじょう)にいた折、そなたも成羽にいたそうだな。ならば、家親の顔は知っておるか」
「存じております!」
「よし、又次郎。謀(はかりごと)をもって三村を討つ。本陣に忍び込んで家親を亡き者にしてまいれ」
「このようなことを殿から頼まれるのは、大変名誉なことでございます!身命を賭して謀を成し遂げてまいります!しかし―――」

直家からの依頼を承諾した又次郎はこう続けました。

「家親は軍勢が多く討ち取ることが難しいかもしれません。もし、某(それがし)が生きて戻ることができなかった時は、某の妻と子を宜しくお願い申し上げます!」

又次郎の覚悟に感じ入った直家は「功を成せば褒美はそなたの望みに任せる」と約束をし、又次郎を送り出しました。又次郎が決死の謀を潔く承諾できたのは、狙撃術を買われて直家に仕えた時点で、このような謀に加担する時が来るという覚悟があったのかもしれません。

そして、時は永禄九年(1566年)二月五日―――。

短筒(丈の短い鉄砲)を隠し持ち、家親の本陣へ向かう又次郎。その隣には弟の喜三郎の姿がありました。

「万に一つも生きては帰れぬ。兄上は死ぬ気であろう。それならば、某も一緒に死のうではないか」

兄から家親暗殺の命令を打ち明けられた喜三郎は、決死の謀略に付き従ってきていたのです。

三村家親が本陣を張るのは、美作国久米郡穂村(岡山県久米南町)の興禅寺(こうぜんじ:興善寺とも)でした。2人は夜陰に紛れて裏の竹林から忍び寄り、本堂の縁の下に隠れました。どっぷりと夜が更けてから又次郎は縁に上り、本堂の中を覗こうと、指に唾をつけて障子に穴を開けました。本堂ではまだ軍議が開かれていました。本堂の中には仏壇があり、その前に座している人物こそ三村家親でした。

(これは天が与えてくれた最上の狙撃場所である…!)

家親や家臣たちはこちらの気配に全く気付いていません。又次郎は短筒を手に取り、障子に開いた小穴から家親を狙いました。そして、火蓋(ひぶた)を切って狙撃に移ろうとしました。

しかし、ここで予期せぬことが起きてしまいます。

「な、何ということだ…。喜三郎、ひ、火が…」

何と、火蓋を切った時に、火縄の火が消えてしまったのです。これでは弾を放つことは当然出来ないため、どこかで火種を手に入れなくてはいけません。

「何をやっておるのです、兄上…!」

縁の下に戻った又次郎は、己の大失策に落胆を隠せません。

「まったく…。某が何とか致します!」
「どこへ行くのだ、喜三郎!」

縁の下から飛び出した喜三郎は、何を思ったか、本陣を警護する三村家の番人に紛れて篝火に近づきました。そして、自らの羽織の裾を篝火に近づけて火をつけました。

「何だか焦げ臭いぞ」

周囲にいた番人たちが不審に思い始めました。すると喜三郎がいきなり番人たちを怒り始めました。

「篝火が燃え移って、わしの羽織の裾が燃えているではないか!危ないではないか!」

慌てる番人たちをよそに、喜三郎はその場をさり気なく立ち去りました。「火を揉み消してくる」「羽織を着替えてくる」などと言って、その場をごまかしたのかもしれません。

喜三郎は羽織に火を灯したまま元の場所へ戻ってきました。

「喜三郎、裾が燃えているではないか!」
「兄上、それは良いですから、早く火縄を!」

喜三郎は又次郎から火縄を受け取り、羽織についている火を移しました。

「兄上、しっかりなさいませ!家親を撃ち取るのです!」
「すまぬ、喜三郎!」

再び縁に上った又次郎は、障子の穴から中を覗きました。すると、家親は仏壇にもたれかかって眠りについていました。

(これが最後の好機じゃ…)

狙いを定めた又次郎は、静かに引き金を引きました。

―――――――!!!!

大きな爆発音と共に放たれた銃弾は、見事に家親の胸元を貫きました。その場に突っ伏す家親の背後の柱には、又次郎が放った銃弾が突き刺さっていました。『常山紀談』や『備前軍記』などによると、この時の銃痕は、これらが記された江戸時代中期頃までは興禅寺の柱に残されていたそうです。

「喜三郎…家親を確かに撃ち果たしたぞ…!」

「兄上!ようやった!」

家親の死を見極めた又次郎は、喜三郎と共にその場を急いで離れ、元の竹林に隠れました。

備前へ帰ろうとした遠藤兄弟でしたが、再びここで思わぬ事態に遭遇します。

「な、ない…。ないぞ、喜三郎…」

「何がないのです、兄上」

「火縄銃じゃ。どうやら置き忘れてしまったようだ」

「全く、何をしておるのです、兄上は!ここで本堂に戻るのは危のうございます。捨て置きましょう」

「いや、後で『うろたえていたから火縄銃を忘れたのだ』と馬鹿にされるのも悔しい!取りに戻る!」

又次郎は、竹林を飛び出て本堂に駆け出してしまいました。

「あ、兄上ー!」

喜三郎の心配をよそに、又次郎は無事に鉄砲を回収しました。

そして、兄弟共に三村の本陣を抜け出し、宇喜多家の領地の備前に戻ることが出来ました。

直家は大敵の三村家親を撃ち果たしたことを大いに喜び、兄の又次郎に1000石の領地を与え、弟の喜三郎も褒賞を与えました。さらにこの後、又次郎は「浮田」と直家の「家」の名を賜り「浮田家久(うきた・いえひさ)」と改め、喜三郎も官途を名乗ることを許され「遠藤修理(しゅり)」と名を改めています。

直家の死後、遠藤兄弟は宇喜多秀家(直家の嫡男)に仕えました。

しかし、「関ヶ原の戦い」で秀家が改易となると再び浪人の身となり、隠棲したと言われています。そして、どこか危なっかしいところがあった兄の又次郎は慶長9年(1604年)に、兄を支えるしっかり者だった弟の喜三郎は元和6年(1619年)に亡くなりました。

2人の子どもたちは宇喜多家に代わって岡山藩主となった池田家に取り立てられ、戦国のスナイパー「遠藤兄弟」の系譜は明治維新まで脈々と受け継がれました。

 

長谷川ヨシテル プロフィール

1986年埼玉県熊谷市生まれ。埼玉県立熊谷高校から立教大学へ進学後、硬式野球部にも在籍。さらにバイオリン演奏やポケモンも得意など多彩な“歴史タレント”。自称、芸能界で一番戦国時代が好きな「れきしクン」。