こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。

すっかり空も秋色に変わり、なんだかアンニュイな気分になりがちなこの季節。でも、誰かに優しくしてもらったり、嬉しい言葉をかけてもらえることで、いきなり元気になったりもしますよね。

つまり、あなたの一言で、誰かが元気になることもあり得るということ。それがあなたにとって気になる女性なら、あなたもハッピーになれますよね。

というわけで、今回は、気になる女性を喜ばせたいときに、ぜひとも覚えておいていただきたい重要トピックについて、お話ししたいと思います。




初デート_見出しほめて喜ばせるはずが逆効果?


皆さんは、気になる女性をほめるとき、どんな風にほめますか?

たとえば、職場の同じフロアで働いている、堀北真希似の堀木さん。あんまりしゃべったことないけど、きれいだよな…。

と、あなたは思っているとします。

そして、ある日ランチに入ったお店で、偶然、隣のテーブルに!
これはチャンス!と、あなたは勇気を出して彼女に話しかけます。
「お疲れ様です。あ、親子煮定食ですか?俺もそれにしよっかな」
頑張って会話を続けてみたら、彼女も嫌がってはいない様子。

「あんまり部署の飲み会とか来ないですよね? …堀木さんのこと、結構話題に出るんですよ」

えっ、と少し驚いた表情の堀木さん。

「えぇ、きれいだよね、とか」

…ごく自然に、しかし実は勇気を振り絞って、彼女をほめる言葉を口にしたあなた!

さあ、彼女の反応は?

A. とても嬉しそうにする
B.  ほぼ無表情

……答はBです。これは、典型的な「ほめて喜ばせるはずが逆効果」パターンです。

 

初デート_見出し美しい女性の本音とは?


え、なぜ?きれいだからきれいってほめてるわけで、それを嫌がる女性なんているの??  とあなたは思うかもしれません。

でも、きれいな女性にきれいとほめるのは逆効果なのです。

誰が見てもきれいな、もしくは可愛い、生まれつき容姿に恵まれた女性は、これまでの人生で外見をほめられることに慣れきっています。それどころか、外見に言及されることに辟易しています。

「みんな同じことばっかり言ってくる。みんな私の外見しか見ていない」

そう思っています。

つまり、外見をほめた時点で、彼女にとってあなたは、「他の大勢の人と同じ。私の表面しか見ていない人」になってしまうのです!

その他大勢にカテゴライズされるということは、恋人候補から外されるということ。つまり、せっかく勇気を出してほめたのに、あなたと彼女の関係は、進展するどころか後退する結果になってしまうのです。

では、誰もがきれい・可愛いと思う女性をほめるときは、どこをほめればいいのでしょう?

「内面」です。

他の男性が見逃している、彼女の内面に言及しましょう。

 

初デート_見出し人は、○○に気付いてもらえると雄弁になる


仕事に対して頑張りやなところ、意外にユーモアのセンスがあるところ、実は周りにさりげなく気を遣っている優しいところ、携帯ストラップやバッグについているキーホルダーから察するに、もしかしてアニメ好き? などなど。

アニメ好きは長所か?と言われたらそうではないかもしれませんが(笑)、何かに詳しい、何かに情熱を持っているのは長所です。そして、人は自分が情熱を持っていることに誰かが気付いてくれると、いきなり雄弁になります。

それがどこにあるのか見抜くのって難しくない…?と思うかもしれませんが、毎日ジッと観察していれば、一つや二つくらいは浮かび上がってくるはずです。

別に確信が持てなくてもいいのです。「○○さんって、意外にこういうところあるのかなーって。そういうとこいいなーって」くらいの言い方でもいいのです。

「いいな」なんて恥ずかしくて言えない…!というのであれば、「面白い」でもいいです。

「面白い」も美人には充分ほめ言葉になります。なぜなら、誰が見ても美人もしくは可愛い女性は、「自分は外見だけのつまらない女だ」と自分を卑下しがちだからです。


 

大切なのは、想定外の指摘をされて、彼女が「えっ」と驚くこと。

そして、「こんなこと言われたの初めてだ…」と彼女が思うことです。

その日、彼女は寝る前にベッドの中であなたに言われた言葉を反芻します。

その瞬間、あなたは彼女にとって「他の人とは違う、なんだか気になる人」に昇格します。

……ホント???

と思いますよね。でもホントです。
自分が同じことをされたらそうなると思いませんか?

人は、「誰も気付いてくれない自分の一面」を指摘されると、ドキッとします。「誰も認めてくれない自分の魅力」を見出してくれると、心が揺さぶられます。この人は自分のことをよく見てくれている、本当の自分を愛してくれる、そう錯覚します。

錯覚かい!…と思いますか?

でも、錯覚から始まった恋が、気付けば愛になっていればいいじゃありませんか。古今東西そんなパターンが繰り返され、世界は動いているのです(と言っていいと思います)。

 

初デート_見出し美人以外の女性をほめる時には?


ちなみに、美人というわけではない女性をほめるときのポイントですが、今度は逆に外見をほめましょう。

「○○さんの目ってキラキラしてるよね」「○○さん、肌きれいですよね」「○○ん、口元が可愛いよね」など、彼女の外見であなたが気に入っている箇所をピンポイントでほめる!

こうすることで「テキトーに言っているわけでない説得力」が生まれます。そしてその晩、彼女はあなたの言葉を反芻します(女は反芻するのが大好きです!)。

見た目でほめられそうな人には内面をほめる。
中身をほめられそうな人には外見をほめる。
仕事をほめられそうな人にはプライベートのことをほめる。

常に、明らかな長所とは逆の部分に目をつけてほめる! これが鉄則です。

「この人は自分のことをよく見ている」と思ってもらえるように彼女のことをよく見る→結果的に彼女のことをよく見る、になるので、無駄にはならないし、嘘にもなりません。

間違いなく相手はあなたの言葉を嬉しく思うので、結果はどうあれ、あなたは一人の女性を幸せにすることになります。そしてうまくいけば、あなたを好きになってくれます。うまくいかなくても、あなたの経験値はアップするので、今後、恋愛がうまくいきやすくなります(いいことづくめ!)。


明日からぜひ実践してみてくださいね!

 

【お知らせ】
 

エキサイトお悩み相談室」にて恋愛専門の電話カウンセリングを行っています。

「この反応って脈あり?脈なし?」「彼氏がいる女性を好きになってしまった…」など、恋愛にまつわるお悩みにマンツーマンでお答えします。お気軽にお電話ください! (ヨダエリのページはコチラ)