こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。本記事では、主に30代・40代の男性に向けて、今すぐ使える恋愛術をお伝えさせていただきます。曖昧で不可解に見えがちな女心を、男性でも分かるように解きほぐしていきますので、ご活用いただけると嬉しいです。
 先日は、11月なのに雪が降ってビックリしましたが、皆さん風邪などひかず元気にお過ごしでしょうか? 11月に東京に雪が降ったのは1962年以来54年ぶりだったそうですね。
 とりあえず、12月になったのでガスファンヒーターを出せて嬉しい!我が家には 「本気の暖房は12月から」という暗黙のルールがあるもんで……(笑)では部屋もあったかくなったところで、今月のテーマに行ってみましょう!

 突然ですが、皆さんは容姿に関するコンプレックスってありますか?「ない」と即答する人も中にはいるでしょうが、ほとんどの人は「ある」と答えるのではないでしょうか。
 それは男性に限ったことではなく、女性もほとんどがそう。誰がどう見ても美人な女性ですら「キツく見られる」とか「○○さんのように誰からも好かれる愛らしさに比べたら」とか、問題点を見出しているものです。
 人はないものねだりな生き物。持って生まれたものに満足せず、人のものはよく見える。そういうものなのでしょう。
 なので、コンプレックスがあることは別に悪いことではないと思います。ときにそれはエネルギーや向上心に繋がったりもしますよね。気に入らないと感じている自分を否定しなくてもいい。コンプレックスを感じる自由もあると思うのです。他人に迷惑をかけていないなら。
 ただひとつ、注意したいこと。
 それは、コンプレックスを持つあまり、卑屈になってはならぬ!ということ。こうなってくると、周りを不安にさせたり不快にさせたりと迷惑になってしまいます。
 そして、卑屈になるのは、恋愛においてもかなり危険です。というより、「こうなっちゃダメ!リスト」で1、2を争う、マジDAME1000%の状態と言えます。
 ここで、今回のタイトルに着目してください。「ハゲ」「デブ」「チビ」でもモテる男性は何が違うのか?

次のページ 容姿よりも大切なことがある