家庭の不和、いじめ、出版差し止め裁判……

壮絶な半生が教えてくれる、

人生において「必要のないこと」とは?

最新刊『人生にはやらなくていことがある』(ベスト新書)が12月10日に発売!!

 

 

作家生活30周年、芥川賞作家・柳美里が、

48年間の人生で「後悔」したこと――。

●どんな相手とでも「対話」することはできる

●「向いていないこと」から人生を見出す

●絶望を抜ける小道は「生活」にある

●やりがい、生きがいは買えない

●計画通りの人生はつまらない

●「家族のようなもの」を作る

●老いも人生の一部

 

「もちろん、わたしにも後悔はあります。
わたしの場合は、人間関係において後悔の念を抱くことが多い。
だからといって、その後悔によって、わたしの過去が否定されるものではありません。
『後悔先に立たず』とは、事が終わった後で悔やんでも仕方ないということです。
でも敢えて、後悔を忘れることのないよう目の前に掲げれば、
それは足元を照らす灯火になり得るのではないか、と思うのです。」
(「はじめに」より)

 

【目次】
第一章 後悔とは何か
第二章 お金
第三章 家族
第四章 死