「ディズニー・クリスマス」が開催中の東京ディズニーリゾート。アトラクションに乗って、ショーを観て、軽食を食べて…そんないつもの楽しみ方もいいですが、少し視点を変えるだけでパークの新たな一面が見えてきます。今回は、ディズニーシーの超人気アトラクション・「トイ・ストーリー・マニア!」の知られざるトリビアについて、『701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法』(みっこ・著/KKベストセラーズ刊)よりご紹介します。

◆アトラクションのモデルになった場所が存在する

 20世紀初頭のニューヨークを模したエリア・アメリカンウォーターフロント内の「トイビル・トロリーパーク」に「トイ・ストーリー・マニア!」はあります。

写真はコニーアイランドにある遊園地。

 トロリーバス(道路に張られた架線からの電気を動力として走るバス)の終点にできた移動遊園地、というコンセプトです。一見すると、ほかのアトラクションと一線を画すにぎやかな雰囲気ですが、実はモデルになった場所があるのです。
 それは、ニューヨーク・ブルックリン区の南端の半島「コニーアイランド」に実在する遊園地「ルナパーク」。ここは1903年からの長い歴史を誇ります。
 そして実は、「ルナパーク」の写真が、ディズニーランドのワールドバザールにある「ペニーアーケード」に飾られています。じっくり見てみると、入口のアーチなど、確かに「トイ・ストーリー・マニア!」を思わせる雰囲気です。

◆屋外スタンバイ列にある3つの絵には「隠れミッキー」が

 「トイ・ストーリー・マニア!」のスタンバイは、建物の外では壁際に並びます。壁の途中にある、「3つの大きな絵」に注目してみてください。
 映画『トイ・ストーリー』シリーズに登場するキャラクターや、アトラクションのにぎやかな様子が描かれています。目を凝らすと、3枚の絵にそれぞれに「隠れミッキー」を見つけることができます。
 難易度はそれほど高くないので、ご自身で探すこともできると思いますが、ここでは特別にご紹介。並びながら探してみてくださいね。

1.「お皿を割るゲーム」の様子を模した絵

 お皿、ということからご想像のとおり「3枚のお皿でできた隠れミッキー」。絵の左側部分にあり、比較的簡単に見つけられると思います。

2.ブタの貯金箱「ハム」や「ポテトヘッド」が描かれている絵

 背景には同じ形の雲がたくさん浮かんでいます。絵の右側にある雲の形をよく見ると、ひとつだけミッキーになっています。

3.アトラクションの全体像が描かれている絵

 右側のほうにある「柱」の模様にひっそりと、小さめの隠れミッキーが描かれています。

次のページ 建物の絵本のバーコードにはある秘密が……。