「ディズニー・クリスマス」が開催中の東京ディズニーリゾート。アトラクションに乗って、ショーを観て、軽食を食べて…そんないつもの楽しみ方もいいですが、少し視点を変えるだけでパークの新たな一面が見えてきます。知らなくても充分楽しいけれど、知っていると2倍おもしろくなる……そんなちょっとした豆知識を『701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法』(みっこ・著/KKベストセラーズ刊)よりご紹介します。

◆出会えたらラッキー!「タートル・トーク」のレアケース

 ディズニーリゾートには、一度訪れただけでは体験しきれない、質・ボリュームともに充実した魅力的なエンターテイメントがあります。
 「また来たい!」「また体験したい!」とゲストに感じさせる細かな演出は、特に人気のアトラクションに多く見られます。
 例えば、「インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮(以下、インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー)」。インディ博士が登場し、ゲストに向かって話しかけるシーンが合計3回ありますが、このセリフには、それぞれ複数パターンがあるのです。また、クリスタルスカルから煙幕の攻撃を受ける場面の、クリスタルスカルのセリフも4パターンあります。
 また、「タートル・トーク」には、通常版と異なるレアケースが存在します。

 

 後半、亀のクラッシュが「女性用のビキニ」を持ってくるシーンがあるのですが、ごくまれに、ディズニー映画『トイ・ストーリー』シリーズに登場する「バズ・ライトイヤー」のフィギュアを持ってくるパターンがあるのです。これは非常にめずらしい稀なケースで、もし見られたらラッキーですね。
 「タワー・オブ・テラー」では、落下回数やスリル度が増す特別版「LEVEL13」が、冬の時期に行われていることを知っている方は多いのではないでしょうか。この特別版が登場したのは2012年。
 2006年に「タワー・オブ・テラー」が完成し、当初から落下パターンを変化させられる仕様との話もありましたが、あえてそれをすぐに使わず、なんと6年も経ってから、特別版を導入したのです。
 これは、アトラクションの存在が世間一般に浸透する時期を考え、マンネリ化を防ぐために、新しい驚きや感動を提供しようとしているためなのかもしれません。
 こんなところがディズニーらしいこだわりですね。
 今後も、このようなパターンを変化させる試みは行われていくでしょう。中でも、コストをかけることなく容易に大きな変化がつけられる「映像系」のコンテンツで積極的に行われることが予想されます。
 例えば、現在大人気の「トイ・ストーリー・マニア!」。今後は映像ソフトが変えられ、「クリスマスバージョン」なども登場するかもしれませんね。
 ディズニーリゾートはパークに訪れるほとんどの方がリピーターと言われています。
 このようなゲストを飽きさせない工夫や配慮が、多くのリピーターを生んでいる要素のひとつと言えるでしょう。

次のページ 乗車中でも撮影OKなアトラクションがある!?