こんにちは。ヨダエリです。大変ご無沙汰しております。

ここを見に来ては更新されていないことに落胆して帰っていかれた方々、本当にゴメンナサイ! 基本的にワタシの意志に委ねられているコーナーなので、時間に余裕がなくなり、このような事態に……。せめてお尻を叩いてくれる何かがあると違うので、もし「こういう女性心理について教えてほしい」などの疑問や質問があれば、 dayorin+blog◎gmail.com(◎を@に替えてください) まで送ってください!

それでは本題に行こうと思います。今回は、電話相談をしていて感じることが多い、「タイミングのズレ」についてです!

* 

この世で1番肝心なのは素敵なタイミング♪

 

……というフレーズで知られる有名な歌がありますが、男女関係にもそれは当てはまります。

 

特に、女性は男性に比べて恋愛におけるタイミングというものをめちゃくちゃ重視します。というか、しがちです。

 

たとえば。

 

「彼氏からの誕生日おめでとうは日付が変わる前に伝えてほしい」

 

……ハイハイハイハイ!あるあるあるある!と、男性も女性も頷いてしまう人は多いのではないでしょうか。

 

まぁ、誰でも誕生日当日にお祝いの言葉を言ってもらえるのは嬉しいものですよね。

それは誕生日が1日過ぎていようが変わらないはず。実際、祝ってくれた相手が友人知人などであれば、女性も日付が過ぎているからといって「遅いよ!」なんて思いません。

 

「遅いよ!」と思うのは、相手が彼氏だから。彼氏には自分の誕生日を覚えていてほしい、祝ってほしい、と心の底でひそかに、しかし強く願っているからこそ、期待していた通りにならなかったとき絶望するのです。

 

特に、多くの女性にとって、年を重ねることはアラサーに突入したあたりから複雑な気持ちを呼び起こすようになります。「このままでいいのだろうか」という自問自答、さらには「この人と付き合っていていいのだろうか」という疑問にまで広がっていきます。

 

自分の体験で言っても、誕生日やクリスマスを前に別れを検討し始めることは多かったです。なぜ!?と思われるかもしれませんが、モヤモヤした状態のまま誕生日やクリスマスを迎えたくないのですよね。

 

まぁ、ワタシのように誕生日やクリスマス前ではなく、その後に別れを決意する女性の方が、数としては多いかもしれません。

 

いずれにせよ、女性の場合、誕生日というものへの思い入れが濃厚!情念も特盛り!ゆえに、そんな日を忘れられていた、もしくは覚えていたけどないがしろにされたという事実は、自分のことを軽視された感覚に繋がるのでしょう。

 

しつこいようですが、これは相手が彼氏だから思うことです。要は、女性は彼氏に自分の気持ちを分かってほしいのです。

 

まぁ、そんなのは土台ムリな話だということにとっとと気付き、全てを分かってもらえなくても上手くやっていくコツを習得することの方がパートナーシップを長続きさせるためには大切なわけですが。(これは女性に伝えたいことなので割愛……笑)

 

絶対に逃してはいけないタイミング 

で、この誕生日トークはじつは壮大な前振りです。大事なのはここから。

 

誕生日以上に、男性の皆さんに逃してほしくないタイミングがあるのです。

 

これを逃したら挽回は相当難しく、1度逃すと2度はないかもしれない、ゆえに男性がのちのち激しく後悔することになりがちなタイミング、それは……

 

「女性が男性にOKサインを出したタイミング」です!

 

たとえば、

 

*デートの最中、女性の方から手を握る。

 

*観覧車に乗ろうよと誘う。   

 

*今日は遅くなっても大丈夫、とわざわざ言う。  

 

*遠出したいな、と言う。

 

……これ全部、女性にとっては「進展したい」のサイン! ご飯食べておしゃべりして終電前には帰宅、のパターンから脱却して、早くどうにかなりたいと言っているのです。    

 

そんなの常識だろ!!と思う男性も大勢いると思います。何をいまさら、と。でも、そう思えるのはあなたが女性慣れしているから。

 

女性慣れしていない男性の場合、せっかく送られているサインを何度も見逃しているうちに、女性からサジを投げられてしまう……というパターンがものすごく多いです。

 

ももももったいない……!!と、電話相談を受けながら受話器を持つ手も震えます。そこまでサインを送られて何もしなかったの?やり手の男性なら手ぐすね引いて待ってるようなシチュエーションを、みすみす逃したの?彼女のことめちゃ好きなんだよね?と。

 

でも、男性からしてみると、好きだからこそ、その場の会話でいっぱいいっぱいになってしまうんですよね。そして相手のサインを察知する余裕がなく、察知できても、それに応じてササっと行動することに慣れていない……。

 

それは仕方ないです。経験を積んで、学んでいくことなので。これから場数を踏んで身につければいいのです。

 

女性がその気を失う理由

 

ただ!

今回のキーワードであるタイミングがいかに大事かを忘れないでください。女性は、自分がその気になっていて、サインも送ったのに何もされなかった、というパターンが2回続くと、もうその気を失います!

 

そして、1度失ったその気が復活するのは、ものすごーく難しい!  

 

男性であれば、多少タイミングがズレても、女性がその気を見せてくれたら、おぉそれでは…と据え膳食いましょうな展開になり得ます。が、女性はそうはいきません。

 

「あのとき応えてほしかった!」と女性は思うのです。そのタイミングを外したら、もうアウトなのです。

 

中には、頑張って挽回し、彼女の気持ちを再燃させることに成功するケースもあります。が、かなりの根気と運が必要。

 

多くは手を出さなかったことが致命傷になり、そうこうしているうちに彼女にニューキャラ登場、そして……というパターンになりがちです。

 

手を出して振られるならまだしも、手を出さなかったせいで振られる……せつないっ!

 

一般論では、男性はすぐ手を出そうとして、女性はそれを拒む、みたいなパターンがよく取りあげられますが、それって男性も女性もお互いを想う気持ちがあまり強くないからですよね。

 

男性は真剣に好きだと手を出すことは後回しになりがちだし、女性は真剣に好きな相手だと早く手を出してほしくなる。そういうものだと思います。

 

なんと、もどかしい……! でも、このもどかしさを超えたところに恋愛の醍醐味があります。お互いに同じ思考回路を持つ生き物だったら、こんなに惹かれ合わないと思うので。すれ違いがあるからこそ、気持ちが通じ合ったときのカタルシスがハンパないのです。

 

いきなり女性のすべてのサインを見逃さないようになるのは無理かもしれません。やはり場数を踏むことは大事なので。

 

でも、少なくとも上に挙げたようなシチュエーションに遭遇したら、スキンシップモード発動!で、間違いないと思いますよ!

 

<お知らせ> 

エキサイトお悩み相談室」にて恋愛専門の電話カウンセリングを行っています。

「この反応って脈あり?脈なし?」「彼氏がいる女性を好きになってしまった…」など、恋愛にまつわるお悩みにマンツーマンでお答えします。お気軽にお電話ください! (ヨダエリのページはコチラ)