常に新たな視点を持ち、従来の研究では取り扱われなかった古代史の謎に取り組み続けてきた歴史作家・関裕二が贈る、『地形で読み解く古代史』絶賛発売中。釈然としない解釈も、その地にたてば、地形が自ずと答えてくれる!? 古代史重要地点をシリーズで紹介いたします。

東の敵を想定するなら平安京が最適

 奈良盆地は西側からやってくる敵をはね返す力を持っていたのだ。

 奈良盆地の西側の入口とその西側で頻繁に争乱が起きていたのは、奈良盆地の西側の隘路を手に入れた者が、天下を制すると信じられていたからだろう。

 奈良盆地の西側には、朝鮮半島に続く海の道に通じていて、さらに、奈良盆地の東側は、人口密度の高い「東」がつながっていたのだ。流通の要が、大阪から奈良に続く道だった。

 さて、西側からやってきた人たちが「東を仮想敵」 に見立てて都を置くのなら、山城(やましろ)(京都府南部)の平安京が最適だと思う。

理由は簡単なことで、近江方面から攻め寄せてきた敵を、狭隘(きょうあい)な「逢坂(おうさか)」(滋賀県大津市)で迎え撃つことができるからだ。

国土地理院・色別標高図を基に作成

 ここも東西日本を分断する因縁めいた土地で、国道一号(旧東海道)、名神高速、京阪電鉄が折り重なるように敷かれ、さらに逢坂山にはトンネルが掘られ、JR東海道線、 湖西(こせい)線、東海道新幹線が東西を結んでいる。

 ここは、交通の要衝であり、また、自由な往来の交通を妨げる「関」でもあった。

 実際平安時代になると、「三関(さんげん)」といえば、愛発(あらち)関がはずされ、逢坂関を指すようになったほどだ。平安京にとってもっとも重要な、防衛上の拠点である。

 ちなみに、藤原氏が逢坂と京都盆地の中間に位置する「山科(やましな)」を重視した理由も、「防衛」「戦略」という視点から考えれば、理に叶っている。

 平安京の東の「ツボ」をおさえた彼らの戦略眼には、舌を巻く。