一発ギャグより「社長イジり」で攻めろ!

ここだけの話。僕も楽天時代社長をイジってました。

 まずいいのは「パロディ」ネタですね。いま流行っている芸人とか。一番簡単だし、笑いやすい。結局結婚式とか僕ら営業で行っても、僕らがネタをやるより、身内のメンバーが「おい○○、斎藤さんだぞやれよ~」「○○だぞ!」ってやる方がウケたりする(笑)。全然面白くなくてもどっと笑いがおきる。

 あとはイジってもいい上司をうまくイジる。これも常套手段ですね。これを読んでいるサラリーマンの方も、うまく相手を持ち上げつイジる「ホメイジり」にチャレンジしてみてください。でも時々本当にマジギレしちゃう上司もいますから、イジリOK・イジリNGの見極めは慎重に行ってください。下手こくと自分の首が飛びかねないですから(笑)。

 それで提案です。ぜひ皆さん会社の「トップ」をイジってみましょう。社長とかは距離が遠すぎるので逆にばれない、怒られないんです。社長ってみんなが知っている究極の内輪ネタですから。

 逆に一発ギャグはリスクが高いです! これは実は一番危険なんです。ご存知のように僕もよく失敗してますから…(一同苦笑)。