生誕70年―。「日本国憲法」のバグはないのか?

日本人が知っておくべき「日本国憲法」の話  第2回

モノ申す! ナルホド!
 今年(平成28年)は「日本国憲法」公布から70年。来年(平成29年)5月3日で、施行70年の節目です。1年以上止まっていた「憲法審査会」も再開され、がぜん憲法改正への流れができつつあります。しかし、私たち主権者たる国民は、憲法についてどれだけ理解しているでしょうか……。新刊『日本人が知っておくべき「日本国憲法」の話』の著者KAZUYA氏が、TV・新聞が報じない、憲法の“常識”について語りますー。短期集中連載、第2回目のテーマは「改憲という選択肢」です。

 日本国憲法が公布されたのは1946年11月3日のことです。この日は明治天皇のお誕生日で、かつては「明治節」と呼ばれる祝日。現在は「文化の日」となっています。

 それから半年後の1947年5月3日に施行されました。語呂も「ゴミの日」で覚えやすく、現在は「憲法記念日」となっています。

 つまり、今年(2015年)で公布70年、来年は施行70年という節目を迎えることになります。世界各国では何度も憲法改正が行われる中、日本国憲法は誕生以来一度も、一字一句なんら変わることなく今の今まで来ているのです。

「それって日本国憲法はまったくバグのない、パーフェクトな憲法ってことじゃないの?」と思われる方もいるでしょう。しかし、そうでしょうか。事実、日本国憲法にも様々な不備が見られます。ではそういった不備をどうしていたのかというと、解釈でごまかし続けてきたにすぎません。

 もしくは「あれ? バグに見えるけど、実はこれバグじゃないんじゃね?」と、バグをバグではなく、そういう味であり仕様だと無理やり自己説得しているような状態です。

 当たり前ですが、「他国がみんな改正しているんだから、日本もとにかく改正すりゃいいんだ」と主張するわけではありません。日本では憲法の話になると極端に絶対に変えてはいけないと主張される方が大声を出しているので、毒されて「憲法は変えてはいけないもの」という、変な先入観を持ってしまう方が多いのかもしれません。

 

 まずは憲法について考える上で、先入観を捨てて「改憲する“”選択肢”もあるのだ」と考えていただくといいと思います。少なくとも日本以外の多くの国は、必要なときに改正をしてきています。

※『日本人が知っておくべき「日本国憲法」の話』KAZUYA/著(KKベストセラーズ)より一部抜粋

 

Powered byname
KAZUYAかずや
  

動画製作者。昭和63年3月2日北海道帯広市生まれ。YouTube、ニコニコ動画にニュース、政治などの話題を「KAZUYA Channel」にてほぼ毎日配信。
現在、YouTubeのチャンネル登録者は47万人、ニコニコ動画では15万人を突破している。著書に、『超日本人の時代』(アイバス出版)、『日本国民の新教養』(KADOKAWA)、『日本人が知っておくべき「戦争」の話』『日本人が知っておくべき「日本国憲法」の話』(KKベストセラーズ)などがある。

RELATED ARTICLES-関連記事-
  • 母への詫び状
  • プレッシャーの力
  • 「イクメン」って結局なに?
  • いまさら聞けない、トレンドワード
  • 人生を最高に生きる「老子の言葉」
NEW BOOK
みんなちがって、みんなダメ中田 考
みんなちがって、みんなダメ 中田 考
へんないきものもよう早川いくを
へんないきものもよう 早川いくを
女優・モデルがやっている腹凹体幹やせメイキング澤山瑠奈・木場克己
女優・モデルがやっている腹凹体幹やせメイキング 澤山瑠奈・木場克己
木梨憲武って!?木梨 憲武
木梨憲武って!? 木梨 憲武
ブロックチェーンのすべて森川 夢佑人
ブロックチェーンのすべて 森川 夢佑人
乱世を生き抜く人生哲学太田尚樹
乱世を生き抜く人生哲学 太田尚樹