村上龍・伝説のサバイバル・エッセイ、待望の最新刊!

生きるだけで精一杯の人たちが、
今とは別の人生をイメージできるだろうか?
星に願いを伝えられるだろうか?
いつでも夢を持っていられるだろうか?

夢という言葉ばかりが氾濫し、不安が蔓延する今、
騙されないで生き延びるには?
新たなる地平への村上龍・渾身のメッセージ。


今や「願い」も「夢」も消えつつある。
本書は、まだそれらが実在した時代の曲名を、二つ組み合わせてタイトルとした。
アイロニーではないし、ニヒリスティックになっているわけでもない。
わたしは、現実を見ようとしているだけだ。
(「あとがき」より)

<写真をクリックすると購入ページへ飛びます>

 

【目次】

01 貧困にならない方法はあるのか。
02 達観の境地にはほど遠い。
03 ずっと不安とともに生きてきた。
04「出会い」は濃密でスリリングであればあるほど、危険だ。
05 なんで村上龍がこんな本を?
06 夏の猛暑で、愛犬のシェパードが熱射病で死んだ。
07 人生を変えるためには、膨大なエネルギーがいる。
08 ボルボに命を救われた。
09「自分を失うため」に酒を飲む。
10 とりあえず髪はキープできている。
11 どんな人間にもチャンスがある、というのは、本当は残酷な言葉だ。
12 龍さんはワーカホリックだよ。
13 村上龍が援助交際をしている?
14 小説を書くのは好きではない。
15 今、AI、つまり人工知能について考えている。
16「星に願いを」バカ言うな。
17 今「ギラギラした人」はもてない。
18 オヤジバンドは絶対にやらない。
19 あとがき「星に願いを、いつでも夢を」
PS We Love Dylan

村上龍
作家。1952年長崎県生まれ。武蔵野美術大学中退。在学中の76年に『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、芥川賞を受賞。旺盛な作家活動を展開。かたわらTV『カンブリア宮殿』のMCとして活躍中。