いらっしゃいませ。
 大阪のワインショップ「mista」で店長をしている、ソムリエの竹内香奈子と申します。
 いよいよ今週末はクリスマスですね。街中がイルミネーションに包まれ、キラキラと光り輝き1年の中で一番ロマンチックなとき。
 様々な場所でクリスマスソングが流れ、街中はクリスマスムード満点。
 大切な人と、あま~いクリスマスを過ごしたいですよね。
 そこで、今回はクリスマスの甘さを倍増させてくれるアイスワインについてのお話と、オススメのアイスワインをご紹介します。
 ちなみにアイスワインと言えば、毎週火曜日放送の人気ドラマ「逃げ恥」こと「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)第7話(11月22日放送)のワンシーンで登場していましたね。
 登場していたアイスワインの銘柄「ノーザン・アイス ヴィダル・アイスワイン」は、私が働いているショップでも販売しておりましたが、注文が殺到してすぐに売り切れとなってしまいました。輸入元でも欠品になっているほどの人気ぶり!
 高級ワインにもかかわらず、逃げ恥の人気はすごいですね。

◆アイスワインってどんなワイン?

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」にも登場したアイスワイン

 そもそも、アイスワインってどんなワインかご存知ですか?
 トロっとした上品な甘さで、まるで高級スイーツを味わっているような極上の甘口ワイン。
 デザートワインの一種で、ワインを凍らせたものではなく、凍った完熟ブドウから造られています。
 よく、ブドウを収穫してから人工的に凍らせると思われがちですが、実は樹になっている状態のブドウが氷結してから収穫をしています。
 つまり、自然環境で凍ったままの状態のブドウを収穫するのです。

◆アイスワインの定義とは

  自然にブドウが凍るということは、寒い地域でしか造れません。
 それに、アイスワインは醸造方法が定められています。
 ブドウが自然の状態で凍ったものから造られているということ。
 ブドウを収穫する際の気温は、-8℃を下回らないといけないということ。

 ですから、アイスワインはどこの国でも造れるというわけではないのです。
 有名な生産国は、ドイツ、カナダ、オーストリアです。

アイスワイン用のブドウ畑

◆アイスワインが最高級ワインといわれる理由

 アイスワインは、200mlで安くて4,000~5,000円ぐらいはします。
 200mlで?と思ったあなた。
 そうなんです。通常のワインはフルボトル750mlですが、アイスワインの場合200mlでこの価格帯なのです。

 その理由は、ブドウの収穫時期と特別な醸造方法にあります。
 通常のワイン用のブドウは9月ぐらいに収穫をしますが、凍ってから収穫をするアイスワイン用のブドウは12月から1月の寒い、寒い、真冬に収穫をします。
 だんだん寒くなり、ブドウは凍結と解凍を繰り返すことによって少しずつ水分がなくなっていきます。そうすると、ブドウはどんどん凝縮され糖分が高まっていくのです。

 そして、気温が-8℃以下になってから凍ったブドウを選果し、一房ずつ丁寧に手摘みしていきます。

凍った状態のブドウ

 収穫したブドウは凍った状態で搾ります。
 凍ったまま搾汁するので水分が氷として残り、搾り出されるのは凍っていない甘みと香りの凝縮された糖分の高い果汁となり、とても濃厚で強い味わいになるのです。
 その果汁の量は、ブドウ一房からスプーン約1杯、ごくわずか!
 まるで、ひとしずくの宝石のようです。
 通常のワインと比べると10分の1ほどの果汁しか絞ることができないのです。
 つまり、通常のワインの約10倍ものブドウが必要となることになります

 また、真冬の明け方、極寒の中での収穫から圧搾などの手作業。すごく大変な仕事となりますよね。
 それに、収穫時期が遅いため、腐敗や動物による被害で収穫量はごくわずか。だから、アイスワインは高級ワインとなるのです。

次のページ アイスワインをおいしく飲むには?