何度忘れられても君が好き――。
7日間の恋を重ねる少女と少年に訪れた変化を描き出した映画『一週間フレンズ。』。
記憶障害という難役に挑戦した川口春奈。確かな演技力に基づく透明感を見せたこの作品におけるスタンスと恋愛観とは。

2月18日(土)の公開を前に、主演を務めた彼女にその撮影秘話を語り尽くしてもらった。
川口春奈 1995年2月10日生まれ、長崎県出身。2007年、雑誌『ニコラ』オーディションでGPを獲得。2009年に『三井のリハウス』『ポカリスエット』のCMで話題になり、月9『東京DOGS』で女優デビュー。近作に映画『にがくてあまい』やドラマ『Chef~三ッ星の給食』など。

原作者の方とお会いするときは
いつも緊張してしまって…

 一週間で友達の記憶を失くしてしまう彼女と、彼女と毎週友達になると決めた僕の特別な恋物語。今回の映画で、川口春奈は毎週月曜日に記憶障害を発症する難役に挑戦している。

川口 香織ちゃんは、女の子っぽいと言えば女の子っぽいけど、結構正義感が強めでハッキリしている部分もある。友達の記憶だけを失くすっていうのはちょっと特殊に思えるんですが、実際に香織ちゃんみたいな症状に苦しんでいる方もいらっしゃるので…。あまり作り込まずナチュラルに、だけどそこがどう映るのか、リアリティーについては監督さんと話し合ったり、監修の先生に訊いたりしながら取り組みました。いろいろな引き出しを持つ繊細な子だからこそ、私も繊細で、柔軟でいないといけないなって。

 原作は、11年~15年に月刊「ガンガンJOKER」で連載され、単行本が累計170万部を突破した名作漫画。原作の葉月抹茶と現場で対面を果たしたという彼女は、独特の表現でその心境を振り返る。

川口 私、原作者の方にお会いするのが一番緊張するんですよ。だから何を話したか覚えてないんですけど、私、どうですか、みたいなことを気にしてお話しした気がします。だって、生みの親ですよ!?(笑) 先生は「ありがとうございます、大丈夫です」みたいな感じでしたけど、…まるで鵜呑みにしてないです、私は(笑)。そこで満足しちゃいけないと思うので…。でも、ご挨拶できてうれしかったです。

 多くのファンを持つ原作の力を大いに感じつつ、「脚本が素晴らしいので、映画は映画でいい作品になるって素直に感じました」と語る。現場では相手役の山﨑賢人の芝居に刺激を受けたという。

次のページ 相手役をつとめた、あの人の印象は?