札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ! 毎日のコーデの参考に!
写真を拡大 クリックでバックスタイルに

 

 

秋冬らしいトーンでまとめて
プチプラアイテムをクラスアップ!!

遠藤拓也くん・東京
(23歳)インテリアデザイナー 身長163cm 

職業がおしゃれな人は、やっぱり着こなしもハイセンス。
しかも、着こなしているアイテムが軒並み価格お安めだというのだから驚きだ。
その要因となっているのは、ズバリ“カラー”と“サイズ感”。
全体的に大人っぽい色みを意識しつつ、トレンドのオーバー感をアウターとパンツで表現。特にパンツはワイドなものを八分丈で履きこなしているので、ほんのりモード感を醸し出しつつソックスで遊ぶ上級者テクも披露できる。
結果として、男女ともに受けがよく、懐にも優しい好サンプルが完成した。

チェスターコート約1万円/ユニクロ
ニット約5000円/ユニクロ
パンツ約1万円/ハレ
シューズ約4万円/カンペール
バッグ約2000円/不明
時計約1万5000円/ブラウン

唯一のお高めアイテム。機能性を重視したスペイン発ブランドで、アッパーのレザーの質感も高級感満点。ウエアに合ったヴィンテージ感をかもし出す。
小物は基本黒で統一。バウハウスの精神を受け継ぐドイツ発祥のインダストリアルブランドを持ってくる当たり、さすが。秒針のイエローが好アクセント。
ヌケ感のあるエコバッグも“分かってる”…と思いきや、ヌケ感が突き抜けていた。撮影するまで気が付かなかったから、遠目にはお洒落なバッグ!