来年の話をすると鬼が笑うといいますが、厄年かどうかはチェックしておいた方がいいかもしれません。神社の厄除けはいっぱいになるようですので。

 さて、厄年の話はお正月の定番の話ですが、実際にどんなお払いをするのか、など、知らない方も多いのではないでしょうか。以下の基本的なQ&Aを参考に、来年の厄払いにのぞんではいかがでしょうか。
 

Q.厄払いはいつまでに行えばいいの?

A. 古くは正月の松の内まで、または節分までなどと言われていたが、近年では、特に期間にこだわらず、いつでも受け付けてくれる神社も多いので、思い立った時に受ければよい。


Q.厄払いはどんなことをするの?

A. 用紙に住所、氏名、年齢などを書き、規定の初穂料を添えて渡すと、社殿で名前などを読み上げ、祝詞を上げてお祓いをしてもらえる。終了後にお札などの授与品やお神酒をいただける。


Q.ご祈祷料はどれくらい?

A. おおよそ5000円くらいからが目安。多くの神社には規定があるが、ない場合は、自分にとって適切で負担にならない金額を包めばよい。お渡しするお札は新札を入れるのがマナー。


Q.やっぱり大きな神社がいいの?

A. 神社の大きさによってご利益が違うということはない。普段からお参りしている地元の神社がある人は、そちらに行くのもお勧めだ。神社の大きさよりも、地元の神社を大切にしよう。


Q.仏滅に行ってもよいの?

A. 仏滅は中国の風習から生まれた概念なので、厄払いをしても問題ない。しかし仏滅にご祈祷をしない神社もあるので、事前に問い合わせを。

厄年は、災厄に遭いやすい年齢のこと。平安時代からある風習だ。この表では2017年に「本厄」となる齢を記載。前後の年齢の「前厄」「後厄」にも気をつけよう。

文/吉田さらさ

*『一個人』1月号 特集「日本の神社 招運とご利益の作法」より