イラスト/フォトライブラリー

 宿場の旅籠屋(はたごや)は飯盛女(めしもりおんな)と称する遊女を置くことを許されていた。そのため、宿場の旅籠屋は宿泊で利用する旅人もいたが、女郎屋として利用する男もいた。
 江戸時代も後期になると、品川宿の女郎屋は吉原と拮抗するほどの繁栄ぶりだった。品川は東海道の宿場であり、厳密には江戸ではないが、市中から近いことから、江戸の男たちの手軽な遊里だった。『想山著文奇集』に、つぎのような「怪談」が載っている。

 文政のなかごろ、版木師がひとりで川崎大師(神奈川県川崎市の平間寺)に参詣した。出発したのがおそかったため、帰り道で日が暮れ、雨まで降り始めた。やむなく品川宿の紅屋という女郎屋に泊まることにした。

 女郎は廻しを取っているのか、ほかの座敷に行ったまま、なかなか版木師のもとには来ない。夜もふけてから、やっと女がやってきた。版木師は内心、浮き立つ気持ちだったが、寝たふりをしていた。女は男が眠っているのをたしかめると、部屋の隅に置かれた行灯のそばに座った。
「ははん、これから、男に手紙でも書くのかな」
 と、版木師は薄目をあけて観察していた。

 女は行灯の油皿の火口を動かすと、そのまま顔を行灯のなかに差し込み、ぴちゃぴちゃと舌を鳴らして油を吸い、なめ始めた。版木師は全身に冷水を浴びせかけられたかのようにゾッとした。歌舞伎で化け猫が行灯の油をなめるのを観たことがある。
「猫又だろうか、古狸であろうか」
 歯の根も合わず、布団のなかでガタガタふるえていた。

 
次のページ 何食わぬ顔で布団のなかにはいる女