「理想の上司」と言われる日ハム・栗山英樹監督。
 選手、コーチ、スタッフ……細かな気配りと信念を貫き、徹底的に話し合う姿勢が2016年シーズンの「日本一」へと導いた。
 しかし氏のすごさは、それだけにとどまらない。監督しての采配、決断である。「二刀流大谷翔平」に始まり、「1番・ピッチャー大谷」「増井浩俊先発転向」「4番・中田翔への代打」……例を挙げればきりがないが、ソフトバンクホークスとのクライマックスシリーズファイナルステージで見せた大胆な采配は、球史に残るものだった。
 では、そのシリーズ。なぜ、栗山監督の「采配」「決断」ははまったのかーー。早々に重版が決まるなど好評を呼ぶ栗山監督の新著『「最高のチーム」の作り方』に、その秘密が書かれている。
 

「勝つとしたらどういう手を打つのか」を考える

「人生の運」を全部使っている感じ、とでも表現すればよいのだろうか。
 試合中は、とにかく後手に回らないことだけを心掛けていた。そして、「どういう手を打ったら勝てるのか」ではなく、「勝つとしたらどういう手を打つべきなのか」をつねに考え、感じたことを感じたようにやった結果が、客観的に見れば「はまった」ということになる。

 ただ、「打つ手が、はまったから勝った」というのは少し違っていて、「勝つために、はまらなければならない手を打った」だけなのだ。

 なんだかややこしいことを言い出したな、と思われるかもしれないが、このニュアンスの違いを汲み取っていただきたい。

 勝てば日本シリーズ進出が決まるクライマックスシリーズの第5戦、故障によって戦列を離れていた主力メンバーが再び揃い、ベストメンバーに戻っているホークス相手に、序盤から4点差を追う展開で勝ち切るというのは、それこそ打つ手がすべてはまらなければ勝てるわけがない。

 0対4から勝つことを前提に、ここから勝つにはどういう展開になるのか、そのためにはどんな手を打てばいいのか、それだけを考えていた。

 思いきった手でもなんでもない。勝つための手を打っただけなんだから、それは普通のことだ。そうなれば勝つし、そうならなければ勝てない。

 だから、「はまった」というギャンブルが的中したような感覚はあまりなく、勝つんだったらこうなるしかない、と思ったことが実際にそうなっただけ、というふうに受け止めていた。

 当たり前のことだが、野球は選手がやるものだ。投手が抑えて、野手が守って、打者が打てば、それだけで勝つ。

 でも、毎日試合をやっていれば、それだけでは勝つのが難しいケースも出てくる。そんなとき、勝つとしたらどういう手を打つべきなのかを考える。それは監督の仕事だ。

 それがその通りになったら、勝つことがある。だったら、監督は手を打たなきゃいけない。
 そして、もしその通りになって勝ったら、それは選手のおかげ。だって、やったのは選手なんだから。

 あの第5戦、1回表にいきなり4点取られた。なのに、中盤からは完全にこっちのペースになっていた。
 あれをもう一回やれと言われても、たぶん無理だ。
 勝つときというのは、そういう流れができているはずなんだと思う。

 野球の神様は、はじめからこちらが勝つと決めている。それを邪魔しないように、邪魔しないように持っていくしかない。
 自分が決めているんじゃない。野球の神様がそういうふうになるようにしているのだ。
 人は余計なこととか、欲が出てきたときに違うことをする。そうしないようにするだけだ。(『「最高のチーム」の作り方』より抜粋)