切なく、力強いラブソングの名曲を
収めたback numberの
初ベストアルバム!!

 

『クリスマスソング』(ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」主題歌)、『僕の名前を』(映画「オオカミ少女と黒王子」)。タイトルを見ただけで「あの曲だ」とわかるヒットチューンがずらりと並んでいる。back numberから初のベストアルバム『アンコール」(2枚組)が届けられた。メジャーデビュー曲『はなびら』から最新シングル『ハッピーエンド』まで16曲のシングルをすべて収録。さらにアルバム楽曲、インディーズ時代の楽曲などが収められた本作には、2009年から本格的な活動をスタートさせた彼らのキャ
リアがしっかりと刻まれている。


「〝まだ知ってもらってないと思うけど、この曲もいいんだよな〟という楽曲がたくさんあるので、ベストアルバムはそれを紹介するいい機会だと思っています。泣く泣く削った曲もあるんですが、『アンコール』というタイトルに決まったときに〝このタイトルなら、入っていない曲も報われる〟と思ったんです。ライブの本編が終わった後、〝もう1回やります〟ということじゃないですか、アンコールって。演奏時間は短いかもしれないけど、そこだけ見てもback numberというものがわかって、さらに〝次のライブはどうなるんだろう?〟ということとかが気になるっていう。つまり、本編がいままで出してきたオリジナルアルバムで、そのうえで〝じゃあ、アンコールやります〟というのが今回のベストアルバムなんですよね」(清水依与吏/V&G)


 清水が生み出す切なくて力強いラブソング、そして、骨太なバンドサウンドとドラマティックなメロディを共存させた音楽性がback numberの魅力。今回の制作は、メンバーの3人にとっても自らの存在意義を改めて実感するきっかけになったようだ。


「インディーズ時代の曲を聴くと〝この曲を録るのに、どうしてこの機材を使ったんだろう?〟っていろいろツッコミたくなるんですけど(笑)、そのときにしか出来なかったこともありますからね。それを改めて感じられたのはよかったと思います」(栗原寿/Dr)


「僕は昔の曲も身近に感じられたんですよね。〝あの曲をベストに入れたい〟と思い浮かんだ曲が、最初の『逃した魚』(1stミニアルバム/2009)に入っていて、〝そんなに年数が経っている感じはしないな〟と思ったり」(小島和也/Ba)


「歌詞に関してはわりと良く出来ているものを選んでますけど(笑)、同じようなテーマであっても、書き方がぜんぜん違っていたりするんですよね。それも自分の成長として飲み込めたし、〝昔のほうがよかった〟とも思わなかったんです。それはたぶん『ハッピーエンド』という手応えのある楽曲を書けたからじゃないかなって」(清水)


 2017年2月からはアリーナツアーがスタート。ベストアルバム「アンコール」と自身最大規模のツアーによってback numberは、その存在感をさらに増していくことになりそうだ。


「ツアーではベストアルバムの曲をしっかり届けようと思っています。気持ちは既に次に向かっていて、新曲も作ってるんですよ。もっといい曲を作っていきたですからね、これからも」(清水)

 

back number
ベストアルバム『アンコール』

 

 

ユニバーサル シグマ
(初回限定盤A)2CD+フォトブック+映像7800円[Blu-ray ver.]/6800円[DVD ver.]
(初回限定盤B)2CD+三方背ケース+映像6500円[Blu-ray ver.]/5500円[DVD ver.]
(通常盤)2CD 3500円
12月28日発売

 

<収録曲>
【Disc.1】
01. 高嶺の花子さん
02. 花束
03. ハッピーエンド
04. クリスマスソング
05. はなびら
06. 黒い猫の歌
07. fish
08. 君がドアを閉めた後
09. 青い春
10. 光の街
11. stay with me
12. MOTTO
13. 恋
14. 世田谷ラブストーリー
15. 半透明人間
16. 日曜日

【Disc.2】
01. 春を歌にして
02. 僕の名前を
03. SISTER
04. 助演女優症
05. 繋いだ手から
06. エンディング
07. そのドレスちょっと待った
08. わたがし
09. 電車の窓から
10. ヒロイン
11. 幸せ
12. アップルパイ
13. 003
14. 手紙
15. 思い出せなくなるその日まで
16. スーパースターになったら