移り変わりの激しいストリートのファッションシーンを
約20年に渡り追い続けてきた『ストリートジャック』。

雑誌名こそ創刊当時から変わらないが、その中身は
時代の流れに合わせるように、大きく変化していった。

そんな過去のアーカイブスから、当時の時代背景や
ファッショントレンドが分かる“名物号”をピックアップ!

SJ CHRONICLE 1997-2017

【第10回】2008年4月号/後編 

 

写真を拡大 カバーは当時19歳!にも関わらずミステリアスかつ妖艶ささえ漂わせる女優の黒木メイサさん。「私、ボクシングにハマりかけています。(中略)男女ともに、強くてカッコイイ人が好きなので、私も近づきたいです」。ドラマ『1ポンドの福音』でKAT-TUN亀梨和也と共演していた頃のインタビュー。

 

DATA
発売日:2008年2月24日
表紙:黒木メイサ
巻頭特集:春の「買っとけ!」300連発!!

 

【前編】はこちらから!

 

さて、今から9年前の2008年。
ファッションシーンにおいて、ある一人の男が「特別な年」を迎えていた。

 

男の名は、マイケル・ジョーダン。

 

言わずと知れた不世出のバスケットボール・レジェンドであり、ファッションシーンにおいても彼のシグニチャーモデル「エアジョーダン」が今なお最新作が更新され続けている通り、「現在進行形」のアイコンでもある。

 

しかし彼のキャリアを振り返ったとき、すでに現役も引退し、出身のノースカロライナ州にできた新チームシャーロット・ボブキャッツの共同オーナーの一人となっていた時期、主だった活躍も活動もなかった、ように見える。

しかし、エアジョーダンというフィルタを通したとき、その「特別」さが顔をのぞかせるわけだが、それは一体…?