札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ&個性的な5人のスペシャリストが採点、論評! 毎日のコーデの参考に!
写真を拡大 クリックでバックショットをチェック!

【評者の採点】

今日のコーデは…
85点!!(100点中)

「アッパーなブランドを
 自分のものにできているじゃない」

石塚拓也くん・東京
(24歳) 会社員 身長185cm

ハイブランドのアイテムを買うって、正直一大イベントだと思うの。そのブランドならでは! って派手なアイテムをついつい買いがちなものよね。
でも、この石塚くんが選んだのは、トーンを抑えたクリーンかつ汎用性の高いアイテムばかり。セレクトにもセンスを感じるし、無駄なレイヤードをせず引き算のコーデが出来ているのも評価ポイントじゃない?
アミならではのテーパードの効いたデニムはコートとも相性抜群だけど、その丈感にも注目ね。トップスをダークトーンで抑えた分、ウオッシュドのライトブルーとソックスで出した清潔感がいい味を出しているわ。私好みのコーデね。

チェスターコート約11万円/ジョン ローレンス サリバン
タートルネック約2000円/ユニクロ
ジーンズ約2万円/アミ アレクサンドル マテュッシ
古着のシューズ約4万円/プラダ
デイパック約9万円/プラダ

ここが銀座ならともかく、原宿ならやっぱりデイパックが正装。ハイブランドでもリモンタナイロンが美しくドレープするこのバッグなら、気負った感じもなし。
思い切った八分丈デニムにあわせるなら、シューズの個性も重要。コマンドソールの重厚なプラダは適役だけど、古着だからこなれ感もあるのがいいわね。
サリバンのコートのインナーがユニクロっていうのも、抜くとこは抜いている感じで洒落てるじゃない。値バレしにくい黒のチョイスも流石ね。

 

※本日のスナップ評者※

アンニュイ村上
ひと月の給料のほとんどをファッションにつぎ込む浪費家。特にブランドに敏感で、クリーンでモード風な着こなしを好む。所作、好みがいちいち女子っぽく、オネエ疑惑もあり。