性に奔放だった江戸時代。人々は“性”を謳歌していた。
武家の妻は実は貞淑ではなく平気で密通を重ね、
男たちは夜ごと夜這いを行い、快楽を貪った。
夫婦ともなれば、悦楽を極めんと様々な性技を追求した。

江戸の性文化に精通した筆者が
“大江戸八百八町の性事情”を紹介する。

当時ならではの性への興味・欲求が生み出した
生き生きとした「下半身の喜怒哀楽の物語」。

江戸の下半身は奔放だった! 『江戸の性事情』

書影をクリックすると購入ページに飛びます。

【内容紹介】
江戸のセックスライフは大胆!
紙くずより安かったオンナの値段
江戸時代にパイずりはなかった!?
現代では絶滅した江戸の性技とは
当時は老婆!? 熟女に迷った果て
簡単にできた「のぞき」の快楽……今も昔も欲望は抑えられない!? ほか

永井義男・著
1949年福岡県生まれ。東京外語大学卒業。97年『算学奇人伝』で第6回開高健賞を受賞し、本格的な執筆活動に入る。時代小説に『影の剣法』『辻斬り始末』『戯作者滝沢馬琴 天保謎解き帳』、ノンフィクションに『江戸の下半身事情』『江戸の性の不祥事』『江戸の密通』『図説吉原事典』などがある。

定価864円(税込)
ISBN978-4-584-12539-7