天守、乾小天守、渡櫓など5基の建築群からなる堂々たる様式美が見どころの松本城。全国に現存する現存する12天守のうちの一つとなる国宝というのは、お城ファンならずともご存知の方も多いだろう。

その松本城を中心に据える松本城公園で、1月19日(木)~22日(日)、第31回 国宝松本城「氷彫フェスティバル」が開催される。

全国から選手が参加する「全国氷彫コンクール」は今年が最後の開催。ほか、氷のジャンボ滑り台など、冬の松本城を観て、楽しめるイベントとなっている。

ご当地鍋が大集合する「信州・松本鍋まつり」も同時開催。冬の国宝松本城で、心も体も暖まりたい。

●開催期間/平成29年1月19日(木)~22日(日)
●開催時間/10時~16時。氷彫コンテストの作品制作は1日目午後6時~2日目朝6時
●会場/松本城公園(入場無料)

●天守観覧料
・個人の場合/大人 610円、小中学生 300円
・20人以上99人まで/大人 550円、小中学生 270円
・100人以上299人まで/大人 480円、小中学生 240円
・300人以上/大人 420円、小中学生 210円
(松本市立博物館との共通券となります)

●松本城の天守観覧時間
・観覧時間/8時30分から17時まで
※ただし、入場できるのは16時30分まで