大阪市平野区の志紀長吉神社では、大河ドラマにちなんで毎月1度、真田信繁(幸村)が夏の陣で道明寺へ出陣する際に立ち寄って奉納したという伝承を持つ旗印を公開していました。
 

 

 拝殿で公開しているため、お祓いの方優先(笑)。その間、見学者は外で待機です。

 

 銃弾や矢の貫通した穴なんていうのもありますが、冬の陣で真田丸の戦いにも使用したものという事でしょうか?一般に真田家の六連銭の紋は裏銭=無文銭ですが、この旗印の銭は表銭です。その理由は謎。

 

 神社から南へ行くと、信繁(幸村)休息地跡の碑もあります。