痛み治療の専門家•明治国際医療大学の伊藤和憲教授が、この度、書籍薬も手術も不要! 慢性痛は自分で治せる!』(KKベストセラーズ 1月20日刊)を上梓されました。 日本人の約20%は「慢性痛」に悩まされているといわれますが、今回、病院や手術に頼らないで、痛みがスーッと消えていく「カンタン•安全•有効!」な痛みの最新セルフケアを伝授。厚生労働省科学研究プログラムに基づく治療法を初公開します!
 

◇日本人の6人に1人を悩ます「慢性痛」

「レントゲンなどでは原因がわからないが痛くて仕方ない」「幾つもの病院に行くが痛みが長年良くならない」……など、日本人の約20%(14〜24%)が「慢性的な痛み」に悩まされているといわれています。

 最初は「凝り」や「ハリ」がある程度だった「痛み」も、きちんとケアをしないでいると「痛み回路」が確立。脳が過敏になり、「痛み」は慢性化。あちこちが痛くなったり、不眠症を始め様々な病気をも併発してしまうのです。
 さらに、「痛み」がひどくなり「慢性痛症」になってしまうと、寝たきりになるなど社会生活に支障をきたすことにもつながります。「このところ痛みを感じがち。体が不調だ」と感じたならば、早め早めのセルフケアに取組みましょう。

 この本では、「痛みの正体」を紐解き、痛みが起きる根本的な理由を解明。「頭痛」「肩凝り」「腰痛」「膝痛」「頚椎症」「神経痛」……など慢性痛の人が抱える「痛み」がスーッと消えていく「セルフケア」に、あらゆる角度から取り組んでいます。

 その方法は、厚生労働省の科学研究プログラムに基づいたもので、痛み治療を行う世界鍼灸学会の先生約2000人にも指導されている内容。近年、地下鉄サリン事件やJR福知山線脱線事故の被害者の痛み治療にも取り入れられるなど、痛み治療の最前線メソッドを初公開します。

◇あなたの痛みは何型?

目を閉じて、その場で50歩足踏みをしてみましょう。終わったとき、あなたは最初の位置から、どのぐらいズレた場所にいますか? この結果によって、「ストレス型」「老化型」「生活習慣型」の3タイプに分類し、それぞれに合ったケア法を紹介していきます。

 具体的にはまず、「足踏み50歩測定」で痛みを測定し、「ストレス型」「老化型」「生活習慣型」の3タイプに分類。タイプ別に「痛みを抑える“ゆるトレ”」と「根本原因を取り除く “筋トレ”」を紹介。

 さらに、痛みが起きるサイン、それぞれのタイプで痛みが発症しやすい部位と症状、その対処法を解説。さらに食事や「痛み日記」といった痛みを治す7つの習慣を挙げ、「痛みをコントロールする方法」を伝授します。

 さあ、あなたも日々悩まされている「痛み」を、「持病」と諦めないで、毎日の生活のなかでできるセルフケアを始めてみましょう。

(目次)

第1章 あなたの痛みタイプを診断!

2章 カンタンで効果大!ゆるトレ筋トレ

第3章22000万人を悩ます慢性痛の正体

第4章 痛みをコントロールする方法

第5章 痛みを予告するサイン&痛みが起こすトラブル

第6章 体の部位別セルフケア

第7章 専門家がすすめる7つの習慣

※「痛み日記」

 

『慢性痛は自分で治せる!』(KKベストセラーズ 1月20日刊)

伊藤和憲(いとう•かずのり)
 
1972年生まれ。鍼灸学博士。全日本鍼灸学会 理事。 明治国際医療大学鍼灸学部臨床鍼灸学講座 教授。明治国際医療大学大学院鍼灸学研究科 教授。大阪大学医学部 生体機能補完医学講座 特認研究員。2014年4月、厚生労働省科学研究費補助金 地域医療基盤開発推進事業「鍼灸における慢性疼痛患者の治療方針ならびに医師との連携に関するガイドライン」研究班班長を務める。明治国際医療大学京都桂川鍼灸院「mythos361」院長を務め、「はり•きゅう」の治療に当たるとともに、慢性痛患者のためにセルフケアを指導している。
また、地下鉄サリン事件やJR福知山線脱線事故の被害者の「痛み」治療に当たっている。