日本の美点を振り返ろう!!そんなコンセプトで世界から絶賛されている、知っている様で知らない、日本の食・技術・カルチャー・経済・制度を紹介する『世界が絶賛する日本 われわれが知らない進化する真価』(Japan's best編集部:編)絶賛発売中。今回は本書の中でも世界を変える、影響を与える日本の制度・文化などを紹介します。!

外国人が月間200万人訪れる時代!!

 2015年の1年間に日本を訪れた外国人は約1973万人、2016年の3月には初めて月間200万人を突破するなど、驚異的な伸びを見せています。

円安やビザ発給条件の緩和などもありますが、政府が推し進める観光立国推進プログラムによって、日本の魅力がより広く世界へ伝わっていったことも要因でしょう。

 そんな外国人観光客のあいだで、近年とくに注目されているのが、旅行中多くの時間をすごすことになる宿泊施設「旅館」です。

   日本独特のシステムが採用されているわけですが、それが外国人には驚きと感動をもって賞賛されているというのです。

 とくに気に入られているところとしては、温かく丁寧な接客、いわゆる「おもてなし」が受けられる点。

   海外のホテルなどでも、行き届いた接客サービスが受けられますが、それは高級なホテルにかぎられます。

上げ膳据え膳で日本の歴史にも触れられる、それでいて意外とリーズナブル。それが外国人観光客に受けているのだろう。写真は世界一古い旅館・ホテルとしてギネス認定された慶雲館(山梨県)。

   その点、日本の旅館は値段がピンキリでも、サービスにはそこまで差がないため「この料金でこのサービス!?」と外国人は驚くのでしょう。

 また、旅館は日本の歴史文化を色濃く反映してつくられているところも多いので、それに触れられるというのもうれしいことのようです。

 近年では、外国人観光客をメインターゲットとする旅館も登場し始め、なかでも東京の谷中にある『澤の屋』は、かなり早い時期から始めた草分け的な旅館で、ネットを中心に評判が広がり、今では大人気となっています。

 大きな対価は求めず、客人を心からもてなすという日本の文化は、観光立国を推し進めるなかでとても大きな武器になっているといえるでしょう。

今後もこの精神は、忘れずに残っていってくれることを祈りたいものです。

世界が絶賛する日本 われわれが知らない進化する真価』より