元々広島のアクターズスクールで生徒に振付を教えていたMIKIKOさん。2005年に発表した初めての演出作品の舞台『DRESS CODE』、PerfumeやBABYMETALの振付やコンサート、テレビCM、ダンスカンパニー「ELEVENPLAY」での作品、2016年のリオ五輪閉会式や「逃げ恥」の恋ダンス……数百にものぼるというすべての作品の中から、3作品を選んでいただきました。

作っている過程がとくに印象に残る3つの作品

撮影/杉田裕一 [POLYVALENT]

 広島時代から考えると、今まで何作品作ってきたんでしょうね。データを取っておけばよかった(笑)。3つ挙げるとしたら、ひとつ目は広島で脚本から演出まですべてを手がけた『DRESS CODE』(2005年)。ふたつ目は、もう1度そういうことをライフワークとしてやりたいと思って立ち上げた「ELEVENPLAY」というカンパニーで作った『MOSAIC』(2014年)。3つ目は、Perfumeのドーム公演『LEVEL3』(2013年)ですね。お気に入りというか、思い入れの深いものです。
 ひとつ目の『DRESS CODE』は、自分がダンサーから振付・演出へと役割を変えた、転機となった作品です。作る側のおもしろさを一気に知りました。ここから演出振付家の人生が始まったんですよね。そういう意味でも一番印象に残っているし、このときに注いだ情熱は、今の自分がやっていることと比べる材料でもあります。あのときと比べて、自分は限界までやれているのか、ということを。
 『MOSAIC』は、立ち上げたダンスカンパニー「ELEVENPLAY」がかたちになった公演です。私が演出振付をするとき、踊ってほしい相手には、すごく時間をかけて訓練して伝えていかないと、なかなか納得がいくまでできなかったりするんです。それで、広島時代に教えていたダンサーを中心に、一からメンバーを集めて、時間をともにして、育てて……という、やりたかったことをやっとやり始められたのが『MOSAIC』でした。そういう意味で、すごく印象に残っています。
 『LEVEL3』は、Perfumeの2度目の東京ドーム公演です。2010年の最初のドーム公演の時にも、もちろんいろいろな意味での感動はありましたが、そのときに「もっとできる」と知ったんですね。ですのでこの2度目のときには、テクノロジーや映像の使い方も含めて、ドーム公演の作り方を理解できた実感がありました。3人の表現も、すごくスキルアップしていたのも感慨深かったです。
 この3作品が、とくに達成感のあった作品ですね。作る過程が印象に残っている、という意味もあるかもしれません。

明日の第二十六回の質問は、「Q26.先端テクノロジーを常に演出に取り入れているのはなぜですか?」です。