こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。気付けば2017年も一ヶ月が終わってしまいました。2月といえば、バレンタイン! 気になる女性から、本命、とは言わないでも何らかのチョコをもらえるよう、好意のサインは出しておくといいと思います。でも重たいサインではそれをきっかけにむしろ関係が終わる危険があるので、「義理でもいいからほしい!(笑)」とリクエストするの、いいと思います。女性からしたら、苦笑しつつも「可愛いな」と思うものですし、あげたくなると思いますよ。そしてあげたことで、なんとなく相手が気になってくる。そういう作用もあったりします。
 では今月のテーマに行ってみましょう!

 意中の女性に「いい人」と言われてガックリしたこと、ありませんか?

 デートを重ねてきた相手に想いを伝えたら「○○さん、いい人だし、すごくありがたいんですけど……」と、ほめられつつも断られ、心に風が吹きすさぶ。そんな経験をしたことがある男性は数限りなくいると思います。
 体のいい断り文句として「いい人」というフレーズを使うケースもありますが、本当に「いい人」と思った上で断る女性も多いです。そして「いい人なんだけど……」と心の中でため息をつくわけですが、このフレーズは、厳密にはちょっと違うとワタシは思っています。
「いい人だけどダメ」ではなく、「いい人だからダメ」なのです。

いい人だからダメってどういうこと?

 そもそも「いい人」とは何でしょう? 女性はそんなに「悪い人」が好きなのでしょうか?仮に、

*いい人→相手の気持ちを思いやり、尊重することができる人

*悪い人→相手の気持ちを考えず、自分本位に動く人

だとするならば、「いい人」を理由に断る女性は、自分の気持ちを考えずに自分本位で動く男性が好き、ということになります。……そうなんでしょうか?

 

……はい、その通りです!(笑)

 

「えっ!?ウッソー!」「私の気持ち全然考えてくれない、とかよく文句言うじゃん女の人って!」「イケメンなら自分勝手でも好きになっちゃう、とかそういう話!?」などなど、皆さん混乱するかもしれません。
 もちろん、女性も普段はいい人を好みます。恋愛を離れたところでは、思いやりがあり、自分の気持ちを配慮してくれる人を求めます。
 が、こと恋愛になると話は別。自分の気持ちを配慮され過ぎると、「うーん……」と心の中で腕を組んでしまうのです。

次のページ 決められない女性の意志を尊重しても進展しない