「なぜ彼女たちは裸になったのか」など、性を売る側の女性にばかりが注目されがちな売買春の現場だが、もう一方の当事者である男性側に目を向けることによって、見えてくるものはあるのか!?「見えない買春の現場 『JKビジネス』のリアル」を2月9日に刊行。「性の公共」をつくるという理念の下に、現代の性問題の解決に取り組んでいる坂爪真吾氏に語っていただいた。
 

■JKリフレで婚活は可能か?

 度重なる規制強化によって、表面上JKビジネスは健全化された。JKブランドを売りにしている多くの店舗では、実際に働いているのは「JKあがりたて」と呼ばれている高校卒業直後の18歳以上の女の子になっているそうだ。
 お話を伺ったのは、JKビジネスの情報サイト『合法JKナビ』を運営されている桑田さん。『合法JKナビ』は、「宇宙最強のJK情報サイト」と称して、店舗データベースや利用体験談等、合法・非合法を問わず、JKビジネスにまつわる様々な情報を掲載している。

 桑田さんによれば、同じJKリフレ店(=ハグや膝枕、添い寝といった風営法に抵触しない程度のふれあいサービスを提供する店舗)でも街によって男性客の属性は変わるという。
桑田「秋葉原のお客様は比較的草食でおとなしいですが、金払いは悪い。自己承認欲求が強くコミュニケーションの下手な方が多いので、そうした男性をうまくのせることのできる女の子が人気になっていく。

 池袋や新宿は、普通に働いているサラリーマンがふらっと入ってくる場合が多い。オタク系ではなく、わがままな男という感じ。金払いはそれなりに良いですが、本番を強要したり、自分に間違った自信を持っている男性もいる。女の子に対する態度は最悪ですね。そうした男性を、女の子たちは『仕事はできるんだろうけど、モテないだろうな~』という目で見ています。
 あくまで私の印象ですが、既婚者と未婚者の比率は、3対7程度。もっと既婚者が少ないかもしれません。未婚者の中で本当に多いのが、結婚相手を探している人。素人の女の子をあわよくば結婚相手にしたいという目的で来ています。一部の有名店では、店自体が『婚活の場』みたいになっています」

 中年の男性客とJKリフレで働く女の子との間には、20歳くらいの年齢差がある。独身の中年男性と女子高生、普通に考えても結婚相手として成り立つはずが無い。男性客は、「婚活目的でJKリフレに通う」という自分の行動に疑問を抱かないのだろうか?

桑田「女の子は男性をそういった気にさせるのが巧いんですよね。店側も『この子と家庭を持ったら幸せになれる』と客に思わせるような接客をするよう指導している。一方で、本当に男性と恋愛関係になって店を辞める子もいる。変な話ですが、ちょっと夢があるんですよ」

次のページ ■中年男性とJKのいびつな共鳴