「なぜ彼女たちは裸になったのか」など、性を売る側の女性にばかりが注目されがちな売買春の現場だが、もう一方の当事者である男性側に目を向けることによって、見えてくるものはあるのか!?「見えない買春の現場 『JKビジネス』のリアル」を2月9日に刊行。「性の公共」をつくるという理念の下に、現代の性問題の解決に取り組んでいる坂爪真吾氏に語っていただいた。
 

■中年男性は女子高生レベルで、女子高生は中年男性レベル

 度重なる規制強化によって、表面上JKビジネスは健全化された。JKブランドを売りにしている多くの店舗では、実際に働いているのは「JKあがりたて」と呼ばれている高校卒業直後の18歳以上の女の子になっているそうだ。
 お話を伺ったのは、JKビジネスの情報サイト『合法JKナビ』を運営されている桑田さん。『合法JKナビ』は、「宇宙最強のJK情報サイト」と称して、店舗データベースや利用体験談等、合法・非合法を問わず、JKビジネスにまつわる様々な情報を掲載している。

 桑田さんによれば、同じJKリフレ店(=ハグや膝枕、添い寝といった風営法に抵触しない程度のふれあいサービスを提供する店舗)でも街によって男性客の属性は変わるという。
桑田「JKリフレで働いている子は、元々『とにかく稼ぎたい』と思っています。同じお店にいれば、黒髪や清楚系の見た目の子が売れているって分かるじゃないですか。『あの子に負けたくないから、稼ぐためにその子に似せていこう』となって、ギャルっぽい子が黒髪にするようになる。結果として、自然と似たようなルックスの子が集まるようになります」

 そういった「プロJK」「プロ素人」を、男性客は素人のJKだと思って喜んでお金を払っているわけだ。男性側のイメージしている素人像は「黒髪」「制服」「清楚」などのワンパターンであるがゆえに、女性にとっては合わせやすい。同じように男性がイメージする「恋人らしさ」も極めてワンパターンであるため、それに合わせて接客を演出することも容易だ。

桑田「以前、出会い系サイトのサクラをアルバイトでしていた事があるのですが、出会い系サイトとJK店のユーザー層はほぼ一緒です。丸被りといってもいい。素人が好きで、プロは嫌い。予想できないことにワクワクする冒険家・・・といえばカッコよすぎますけど。
 男性が素人好きになる要因はたくさんあると思うのですが、一つの理由として、女性の方が男性より精神年齢が高いことが挙げられます。特にリフレとかで働いている女の子たちと中年男性は、精神年齢がちょうど釣り合う。
 女の子に言わせると、30~40歳くらいの男性が話しやすくて、20代は子ども過ぎて話が通じない。10代の同級生なんかは絶対無理で、年下は論外だと言います。15~21歳くらいの女の子って、メイン層のユーザーである30~40代の男性と話がメッチャ合う。逆に男性側も精神年齢的にはその年代の女の子とちょうど釣り合う」

 中年男性の精神年齢は女子高生レベルで、女子高生の精神年齢は中年男性レベル、ということだろうか。真実だとすれば、笑えない話だが。

桑田「もちろん本音を言えば、男性は女の子と裏オプ(=ハンドサービスやオーラルセックス、本番行為などの裏オプション)とかもしたいのでしょうけど、それだけではない。『なんか居心地がいい場所だよね』とお互いが言い合っている。表向きには言いたくないでしょうけど、女の子側もそう思っている節があります」

次のページ ■恋愛の理想像を少女に押しつける男性客