「なぜ彼女たちは裸になったのか」など、性を売る側の女性にばかりが注目されがちな売買春の現場だが、もう一方の当事者である男性側に目を向けることによって、見えてくるものはあるのか!?「見えない買春の現場 『JKビジネス』のリアル」を2月9日に刊行。「性の公共」をつくるという理念の下に、現代の性問題の解決に取り組んでいる坂爪真吾氏に語っていただいた。
 

■中年男性の支配欲も満たす人気JK

 度重なる規制強化によって、表面上JKビジネスは健全化された。JKブランドを売りにしている多くの店舗では、実際に働いているのは「JKあがりたて」と呼ばれている高校卒業直後の18歳以上の女の子になっているそうだ。
 お話を伺ったのは、JKビジネスの情報サイト『合法JKナビ』を運営されている桑田さん。『合法JKナビ』は、「宇宙最強のJK情報サイト」と称して、店舗データベースや利用体験談等、合法・非合法を問わず、JKビジネスにまつわる様々な情報を掲載している。

 JKリフレにおいても、キャバクラや風俗と同様、女の子に対して説教をしてくる男性客は少なくないという。なぜ彼らは説教をするのだろうか。

桑田「説教客はたくさんいます。『こんなことをしちゃいけないんだよ』と言ってくる客は非常に多い。でもやることはやる。変な話、抜き終わった後に言ってくる人が多い。客なりに葛藤があるのかもしれません。その葛藤を女の子にぶつけている。自分自身に言い聞かせているような感じで、女の子に説教をする人が多い。
 説教される側の女の子からすれば、『お前もだろ』とツッコみたくなるそうですが、仕事のできる女の子はとにかく傾聴します。反論してしまう子はダメ。客の説教を傾聴すると人気が出る。人気の子は『説教客は常連チャンスだ』と言っている。男性にとっては、女の子に自分の意見を聞いてもらうことが快感だからです。

 客から説教を受け続けていると、女の子は何も感じなくなるそうです。説教されているのは素の自分ではなく源氏名の自分なので、『またか』と思うだけ。プロですね。

 JK店に通う男性は、女性に対して『こんな自分を認めてくれない』という嫌悪感を持っている。しかしJK店にいる女子高生は、そんな自分を認めてくれる。女子高生に対して、自分を無条件で認めてくれる母親的な優しさを求めているわけです。
 母親的な優しさを求めているのであればスナックのママさんに行けばいいのに、なぜ彼らは女子高生に行くのか。それは『コントロール感』が得られるから。年下で社会経験の無い女子高生であれば、自分の都合に合わせて支配できるはず、と思えるからです。もちろん、簡単に比較はできませんが、女子高生を監禁する男性もそのような心理なのかもしれません」

 JKリフレに通う男性には、「自分のことを分かってほしい」という思いがある一方で、「女性を支配したい」という思いもある。こうした矛盾した思いのせめぎ合いが「説教客」という形を取って現れるのだろう。男性客の承認欲求と支配欲求のせめぎ合いこそが、JKビジネスの利益の源泉であり、被害やトラブルの元凶であるのかもしれない。

次のページ ■「婚活トレーニングジム」としてのJKビジネス