プロ野球のキャンプが開幕。WBCも近づき、日々盛り上がりを見せる野球界。昨年、四国アイランドリーグに挑戦した「芸人」がいた。360°モンキーズ・そうすけだ。人気番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』の人気コーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」でその名を馳せた男が挑戦した「プロ野球選手」。チームメイトにはNPBにドラフト1位で入団し、数々の実績を残した正田樹がいた。話題を呼ぶそうすけ・著の新刊『最速123キロ、僕は40歳でプロ野球選手に挑戦した』に収録されたふたりの対談を紹介する。互いに感じた「プロ」とはーー。
 

そうすけ 四国アイランドリーグに挑戦するって知ったのはいつだった?

正田 どうだったかな……、トライアウトが終わってからですかね。(トライアウトに)参加している芸人さんがいるっていうのは聞いた記憶がありますけど、ちゃんと知ったのはその後だったような気がします。受験者数少なかったですよね? 去年。

そうすけ 10人だったね。

正田 今年からなくなりましたもん。

そうすけ え、そうなの? 今年も受けようと思っていたから危なかった!

正田 どういうことですか?

そうすけ いや、受験したときね、さすがにすぐに合格をもらえると思ってなかったから、まず一回受けて、足りないところを1年間トレーニングをして克服してまた受けよう、本番は今年のトライアウトリーグだ、って思っていたのよ。あやうく、1年トレーニングしただけで挑戦が終わるとこだったよ。

正田 そうなんですか。それはすごいなあ。タイミング良かったですね。

そうすけ 危なかったー(笑)。

正田 はははは。実は、360°モンキーズというコンビは知らなくて、そうさん(そうすけ)だけは知っていた。とんねるずの「細かすぎて」で見たことがあったので。ただ、正直そのくらいの知識でしたね。あれ以外に何かあります、テレビ?

そうすけ ちょっと! ちょいちょいはあるよ(笑)!

正田 すみません(笑)。でも、かなり真剣に草野球をやっているっていう話は出ていましたよ。耳にしたのはトライアウトの後だったと思いますけど、それこそチームメイトにも厳しく言うくらい、草野球にも全力の人だって。

そうすけ どこ情報だろうそれ(笑)。

正田 誰から聞いたんだろう……トライアウトを手伝っていた選手ですかね? そのくらいしか話をする人が思い浮かばないから。

そうすけ まあ、それはね、オレあんまりテレビで観ないからね!

正田 あ、根に持ってる!

次のページ 入団すると聞いたときは考えるものがあった(正田)