YOUTUBEで公開中のブルボン「ズルイよ!甘杉くん」。ちょっと危ない妄想女子の目線で描かれた全8本のWeb動画で主演を務めた高杉真宙は、実際はどんな学校生活を送っていたのだろうか? 動画撮影秘話とともに、間近に迫ったバレンタインデーにもらえたらうれしいプレゼントについても聞いちゃいました!

撮影中の裏話&高杉真宙本人のバレンタイン秘話も
ばっちり聞いてきちゃいました! 

 

――前回の公開前インタビューに引き続き、今回も宜しくお願いします。毎日1本ずつ公開されていた“ズルイよ、甘杉くん”の動画もついに全8本が出揃いました。無意識のうちに周りを“ムズキュン”させてしまう男の子を演じて、どうでしたか?

高杉 普段の僕的には難易度の高い役だったのですが、シチュエーションに合わせていろんなお菓子を食べているんですよ。休憩中も含めてたくさんお菓子を食べられて幸せな撮影でした。

――撮影中、特に印象に残ったシーンはありますか?

高杉 実は、一番NGを出してしまったのは、「黒板掃除篇」の“壁ドン”をしてるシーンなんです。壁ドンなんて、日常の中でなかなかしないので…どうするのかも分からなく、照れもあり、すごく時間がかかってしまいましたねぇ(笑)。

――さて、バレンタインデーも近づいてまいりましたが、高杉さんがチョコレートと一緒にもらったらうれしいものはなんですか?

高杉 そうですね。やっぱり手作りの物はうれしいですね。

――学生時代は結構もらってましたか?

高杉 全っ然ないですよ、何か今時の女の子…いつが一番流行ってたのかは分からないですけど、今の子って女子同士であげてたりするから、もらうことが全然なかったですね。

――その女の子の輪にいつの間にか入って義理チョコをもらうとかも…。

高杉 全っ然ないですね。

――人生のチョコレート最高記録は?

高杉 小学校4、5年生の時ですね、5個くらいだったと思います…。

――そこがモテ度のピークでしたか?

高杉 いやっ! いやいやいや、まだ諦めてないです(笑)。これから、これからですよ!

――おお! ちなみにそのピークのとき、ホワイトデーのお返しはどうされたんですか?

高杉 母親と一緒に買いに行きました(笑)。普通にチョコを、コンビニで。

――返し方は?

高杉 普通に、「もらったから…」と思って返しました。もらったから、返さなきゃっていう気持ちしかなかったと思います。

――そこから発展するとか。

高杉 全っ然ないですよね…。

次のページ 編集部との意見の相違