つー按配的フンイキで、おセックスに続き今回はオナニーであります。

 現在でも、毎日欠かさないオナニー。ワタヒは中学一年からおっ始めましたから、かれこれ45年間チンポをシゴキ続けてきた勘定になります。

 一日一回コイたとして、都合一万六千余回。おそらく一斗缶くらいのザーメンを放出したのではないでしょうか。

 同世代以上のどスケベな皆様は、軽くそれ以上は出しているでしょうから、世のオッさん連中は、ザーメンの入った一斗缶を背負って生きているつっても、過言ではありません。

 また、後始末をするチリ紙もおびただしい量です。残り汁の拭き取りを含め、一回二メートルは使いますから、45年間で三万メートル以上。二枚重ね12ロール入りパック百セット以上つーすさまじさであります。たぶん、人生でクソをしてケツを拭いた量よりも多いと思われます。

 そんな生活に密着したオナニーですので、こすってる最中に亡くなられた方も大勢いるハズです。おそらくこの調子でいくと、数年後、自分もチンポを握りしめたまま孤独死している可能性が非常に高い気がします。しこたま格好が悪い最期ですが、死に方としてはあらゆる意味でベストだと思います。