一番思い出深いというか…辛かった思い出なんですけど、私はさっきもお話したとおり、フリを覚えるのが本当に遅くて、ダンスが苦手なんですよ。ただでさえHKT48でも踊れなかったのに。(ダンスレッスンで)A、B、Cグループに分けられるんですけど、だいたいいつも一番下のCグループだったんです。私がSKE48に来たばかりのときも、もちろん踊れないわけです。しかもSKE48ってダンスがすごくて、ただでさえ踊れない私がそういうグループに来ちゃった状況だったので、最初のほうは毎日泣いちゃって……。でもその時にSKE48のメンバーが、(松井)珠理奈さんやみんなが「大丈夫だよ」って声を掛けてくださって。みんなが寄り添って教えてくれて、そばに居てくれて。その時は辛かったですけど、今改めて振り返ると、「あのときみんなが居てくれたから頑張れたんだろうな」って思いますね。

――愛着あるHKT48から移籍することになって、地元からも離れて心細さもあったと思いますが、SKE48のメンバーが谷さんを支えてくれたわけですね。

 だから(SKE48の)メンバーがいなかったら、たぶん卒業していたと思います。辛くて投げ出していたと思う。踊れなくて「もう嫌だ~!」って。今の私があるのは、メンバーが支えてくれたからだなって思います。ただ、ダンスは今でも下手ですけど(笑)。

――では最後に、改めて読者に向けてアルバム『革命の丘』やSKE48についてのアピールをお願いします。

 私、そういう真面目なコメントが本当に下手で……。

――真面目じゃなくてもいいですよ(笑)。

 いいんですか?(笑) 私もリード曲の選抜に選んでいただいたということで、これからのSKE48が少しでも革命を起こせるように頑張りたいですし、あとこれはSKE48の活動とは全然関係ないんですけど、せっかく今日撮影していただいたのに私って私服ダサいほうなので……まぁ仕方ないんですけど、それを反省して、改めてオシャレになりたいなって思いました!

――谷さんといえば部屋が汚い、洗濯をしないことでも有名ですが、その部分の革命はどうでしょうか?

 いや、そっちは極めていきたいと思います(笑)!

――そこは革命起こさないんだ(笑)。

 あはははは! 今日の私服チェックも本当に抜き打ちだったんですけど、名古屋のお家にジャージを置いてきちゃってて、奇跡的にオシャレな服を着てきたんですよ! もしジャージを持ってきていたら、ジャージで来てました(笑)。ヤバかった~、ジャージ着てこなくて良かった~!

――運も味方しているし、谷さんにとって2017年は良い年になりそうですね!

 はい! 頑張りたいですね、好感度を上げていきたいです! 男性からも女性からも支持を得られるように頑張ります!!