下半身の症状の中でも、特に命や生活機能に関わってくるのが、腸をはじめとした内臓の状態。その危険シグナルを現役医師で医療ジャーナリストの森田豊さんの解説を交えて探っていこう。

体内から排泄する便と尿は
内臓の状態を知る指針の宝庫 

 日頃、排泄している便や尿。健康度を知る指針と言われるが、実際に何を見ればいいのか。
 「危ないのは血便です。肛門近くの出血ほど赤く見えます。この場合は大腸がんや潰瘍性大腸炎が考えられます。痔だと思ったら、大腸がんだということも。血便が出た時には、迷わず医療機関に行くべきです。黒い便が出た時には胃潰瘍や胃がん、十二指腸潰瘍の可能性があります。臓器からの出血は、腸を通過する間に黒く変色します」。
 形状や硬さは、バナナ状で適度な柔らかさならば正常だ。
 「食物繊維を多く含む食品や発酵食品で、腸内環境を整えることが必要です。そして色と同時に太さも大切。大腸がんやポリープができると、通り道が狭くなって細くなります。腸内環境を整えても便の状態が改善されなければ、病院へ行きましょう」。

 一方で、尿にも様々なシグナルが隠されている。観察することが必要だ。  「白濁していたら膀胱炎、男性の場合は尿道炎も考えられます。血尿は尿路結石や、稀ですが膀胱や尿管、腎臓のがんの可能性もゼロではありません。泡立つ尿はタンパクが含まれているので、腎臓病の可能性があります。また一度の量が少なく、頻繁に出るのも膀胱の異常が考えられます」。
 排便や排尿を少し注意して観察すれば、体の異変を早く察知できるのだ。
 

■腹部(腸・便・尿)

 

危険信号は色や状態の変化で分かる
毎日の観察で異常を発見したら検査を

危険な「尿」チェックリスト
□ 尿が白く濁っている
□ 血尿が出る
□ 黄色っぽすぎる尿が出る
□ 妙に泡立った尿が出る
□ 尿が少ししか出ない
□ 夜間頻尿が続く

 黄色すぎるのは水分不足。血液粘度が高くなり、脳梗塞の危険度が増す。1回の量が少なすぎる場合は膀胱炎の可能性も。 
 

危険な「便」チェックリスト
□ 血便がある
□ 黒い色の便が出る
□ 便が細くなる

 他に、便が薄茶色なのは黄褐色の胆汁が混ざっているから。白っぽい便が出た時には、胆のうや胆管、膵臓の異常も考えられる。 

次のページ 下腿痛、むくみの原因は内臓の病気かも?