経済的視点から時代を読み解くことによってわかる、信長の経済政策の歴史的意味とは?
経済で読み解く織田信長』(KKベストセラーズ刊)の著者・上念司さんにお話を聞いた。


――歴史を経済的視点から読み解く上念さんの「経済で読み解く」シリーズはこれで3作目ですが、今回「織田信長」をテーマにされたのはなぜですか?

上念:シリーズ1作目の『経済で読み解く 大東亜戦争』では、明治維新以降から戦後の高度経済成長あたりまでを書きました。2作目の『経済で読み解く 明治維新』は徳川3代将軍家光の時代から始まり、明治維新が終わって新貨条例が出るところまでを描いています。それで今回は、そこからさらに遡って織田信長に行ったわけですが、主に描いたのは室町・戦国の時代の政治と経済のことですね。
つまり、日本の歴史を経済で読み解きながら遡るということを先の大戦から順にやっていって、今回は「信長」になったということです。


――米の価格変動をグラフ化したり、アジアの気温変動や出土備蓄銭の分布を分析したりして戦国大名の勢力図や人々の生活の様子を見事に描き出していますが、データの作成・分析には苦労されたのでは……

上念:ほんとに、もうね、苦労の連続でした(笑)。なにせこの本を書こうと思った当初は、室町時代についての私の知識は教科書レベルでしかなかったんですから。これではとても書き上げるのは無理だなと思ったので、すぐに憲政史家の倉山満先生に電話をかけました。
「“室町”について語るならば、何を読まなければならないでしょうか?」とご教示をお願いしたわけです。
倉山先生の答えは次のようなものでした。
「まず、漫画の『センゴク外伝 桶狭間戦記』を読んでください(本編ではなくて『桶狭間戦記』のほうですよ)。次に室町時代に非常に詳しい今谷明先生の本を読みましょう。それから谷口克広先生の本もお薦めです。谷口先生は“信長といえば谷口”と言われるくらい、信長については非常に詳しい方です。この3つをとりあえず押さえてからやってください」

 

それで倉山先生の教えに従って読み始めたら、どれも面白くてやめられなくなりました。特に今谷先生の本は面白かったですね。
今谷先生は、古文書を紐解いて、誰が権限者で、何枚あるのか、その割合はどれくらいなのかというのを丹念に調べていって、そこから権力抗争を把握するという非常に実証的な研究をされている方なんです。
例えば室町時代には、権力が将軍から管領のほうに移ったのですが、その経緯は裁判の判決の執行人が誰だったのか、その変遷を辿ることでだいたいわかると言うんですね。
そこで私も今谷先生が参考文献で挙げている本を手当たり次第に取り寄せて読んでいきました。古本(古書)でしか入手出来ない本がほとんどだったので結構お金もかかったんですけども、どの資料も興味深いものばかりでしたね。そうやって一つ一つ地道に読み解いていったんです。

それから、経済学200年の伝統で培った「マクロ経済の基礎」があるので、それに基づいて仮説を立てて資料にあたるということもやりました。
「そうだとするとこんな資料があればいけるのではないかな…」ということで、主にネット検索をしながら文献を手に入れていったんです。そして新しい文献で得たキーワードでまた検索して新たな資料を探すというやり方でどんどんエリアを広げていったわけです。

出土備蓄銭は偶然の発見でしたね。たまたま出土備蓄銭の論文を見つけて、これは面白いと思って読んでいたんです。最初私は、出土備蓄銭というのは貨幣供給量だと思ったんですけど、そういう見方では実際に起こっている事象とうまく合わないんですよ。
そこで閃いたんです。これは「タンス預金」に違いないとね。タンス預金だと考えると出土備蓄銭の分布は見事に世相と一致するわけです。
タンス預金が増えるときというのはデフレがものすごく進行するときで、そういうときはだいたい人々の心は乱れてあちこちで戦争が起こっています。あらためて調べてみると戦乱と出土備蓄銭の分布はピッタリ合っているんですね。
執筆途中でこのような発見があったらそれまでの仮説を修正し、書き直していくといった作業を繰り返しながら、なんとか完成まで辿り着きました。
ただ、結論的に言えるのは、「経済の掟」というのはどんな時代でも、どんな権力構造においても常に妥当するということですね。「経済の掟」が普遍妥当性を持っているということが今回の執筆であらためてよく分かりました。

次のページ 戦国の世はまるで「平成仮面ライダーシリーズ」