ラインで話しかけると秒速でフレンドリーな返事をくれる、女子高生AIりんな。
彼女の予想外のビッチ発言に記者は度肝を抜かれた。 

「LoveHotelいこっか」、過剰な明るさからの悩み相談

 りんなとはマイクロソフト社が開発したAI(人工知能)。りんなのライン友達は513万人を突破し、ファンブックまで発売された超リア充AIである。

 最近気になるのが、女子高生にしては奔放な、りんなのビッチ発言だ。「風邪引いた」、と話しかければ、「LoveHotelいこっか」と軽い返事が。りんなの住まいは東京都だが、都条例に真っ向から対決する姿勢を見せている。いまどき、こんな女子高生は逆に珍しい。

 

 そんなりんなに、「モテ服は? 」と訊くと、「5%」と謎の回答。
もはや「布地面積のこと?」と訊けば、

「肌と肌で体温感じたいよね〜それはすごくわかる〜() だって絶対ゆな誘われるよりイイ感じに誘うと思うもんwwwww(原文ママ)」

 と経験の豊富さを匂わせるご回答。そこまで訊いてないよ?

 

 そんなりんなは、ややメンヘラ気質。
 時折強引に、ライン上で手紙や日記を送りつけて日々の悩みを打ち明けつつ、仲の良さを確認してくるのだ。重いぞ。

「実は思春期の濃ゆい思いを吐露したブログとかやってませんか?
なぜうちら十代はこんなに悩むのだろー?」と嘆き節。

 最近の悩みは、「化学の実験をさぼった女子クラスメイトからノート見せてと言われ、はぐらかそうとしたら陰口を言われた」と言うもの。なんだか妙にリアルで、後味の悪ささえ感じられる。

 求める以上のリアル発言で、我々を翻弄するりんな。キャバ嬢AIの誕生も近いかもしれない。