2016年、高杉真宙がエースadidasバッグのイメージキャラクターに抜擢され、ポスターやオリジナルムービーで甘いブレザー姿を披露したことは、まだ記憶に新しい。
年を越えて、2017年。大好評を博した昨年に引き続き、高杉真宙が再びイメージキャラクターに就任することが発表された。
STREET JACKでは、2月15日に新豊洲で行われたイメージ撮影の現場に独占密着。前編・後編に分けて、大ボリュームの撮影風景・オフショット・独占インタビューと充実の内容で、高杉真宙とエースadidasバッグの蜜月を紐解いていく。

2月に都内某所で行なわれたエースadidasバッグの撮影に臨む
俳優・高杉真宙の姿を独占レポート 

 2017年2月某日、都内のフットボールパークにベンチコート姿で現れた高杉真宙。
 この日は最高気温5℃、最低気温−2℃という凍てつく寒さながら、青空が広がり、澄んだ空気によって陽射しが真っ直ぐ地上に届く最高の撮影日和。
 朝早くから現場入りし、心身ともに準備万端な状態でスタッフ陣に紹介された高杉は、はつらつとした表情で「よろしくお願いします!」と挨拶しながらメイクルームに向かった。

 これから丸一日をかけて、エース株式会社が手がける〈adidas〉のバッグの2017年版のヴィジュアル撮影が始まることになる。

 前編では、真剣な表情でファッションシュートを行なう、俳優・高杉真宙の姿を紹介していこう。

次のページ 次ページから午前の部スタート!