育児マンガで人気の漫画家・あおむろひろゆきさん
ユーモラスに子育てを描く一方で、父親ならではの悲しみも……

 Twitterに投稿するおとうさん目線の子育て4コマ漫画が話題となり、WEBマガジン「BEST T!MES」では子育てエッセイを連載中の漫画家・あおむろひろゆきさん。現在二児の父親で、会社員として働くかたわら子育ての悩みや疑問、時にはつらさを、愛情溢れるコミカルな作風で発信し続けている。
 子育てを美化することなく、等身大で描くあおむろさんの作品は、同じく育児に奮闘するおとうさん、おかあさん層を中心に人気沸騰。共感の声が多く寄せられている。以前インタビューをした際、「漫画という形にすることで、子育てをする中で起きるつらい出来事なんかもうまいこと昇華させることができる」と語ったあおむろさん。読者も同じ気持ちなのかもしれない。
 第2子が誕生したのが、およそ2か月前。いっそう忙しくなったことが察せられる子育ての日々について、あおむろさんにお話を聞いた。
 

――昨年二人目のお子さんが生まれて、長女である娘さんはおねえちゃんになりましたが、下の子に嫉妬してしまったりすることはあるのでしょうか?

あおむろ おねえちゃんといってもまだ3歳ですから、まだまだ甘えん坊ですよね。なので上の子の前ではできるだけ下の子を「かわいい」と言わないようにして、やきもちを焼かせることのないように気をつけています。下の子にはあからさまに「かわいい」と言えない分、「あなたかわいいよ~~~~!」という念を送りまくっています。
 

イラスト/あおむろひろゆき

――寝かしつけに苦労している親御さんは多いと思いますが、あおむろさん流の寝かしつけのコツなどありますか?

あおむろ 昔は歌を歌ったり、抱っこをしてひたすらゆらゆらしたりと頑張っていましたが、最近は自然の流れに任せています。子どもと一緒に布団に入ってお話をしたりしながら、子どもが寝るのを待ちます。大体私のほうが先に寝てしまうんですけどね……(そして23時頃に目が覚めて夜食を食べるという最悪の流れ)
 

――お子さんにおもちゃやお菓子などをあげるタイミング、あおむろさんはどうされていますか? お誕生日やクリスマスにしかあげないという親御さんもいれば、何かをがんばったりしたらその都度あげているという方もいますが……

あおむろ 高いおもちゃなんかはやっぱり誕生日とクリスマスになってしまいますけど、おやつとかはたまに買います。といっても、あんまり自ら欲しがるわけではないので、機会はそんなにないですけどね。一番好きなおやつはアンパンマングミ(ぶどう味)です。最近は魚肉ソーセージに目覚めたらしく、私が自分用に買っている仮面ライダーソーセージを全部食べてしまいます。
 

――「保育園行きたくない」など、「○○やりたくない」 とお子さんに言われたとき、どうしていますか?

あおむろ 幸い保育園は楽しんで行っているようで「行きたくない」と言うこともないのですけど、日常の事に関しては「~したくない!」と言うことが最近特に多いです。3歳特有の自我の芽生え的なやつなのかな、と思ってますけど。
そこは無理やりやらせても仕方がないので、自分から「やる」と言うまで辛抱強く待つしかないですよね。妻とも「育児とは精神の修行なのだ」とお互いを励ましあい、悟りを開いてじっくり待ちます。
 

――おとうさん(男性)であるあおむろさんにとって、女の子である娘さんの子育ての中で、同性じゃないからこそ対応が難しかったり、新鮮に感じることなどありますか?

あおむろ 性別はあまり意識したことはないですけど、やっぱり異性ということもあるし思春期になるとお父さんは嫌われちゃうんだろうな~という漠然とした悲しみはあります。その日がいつ訪れるかは分からないので、毎日全力で自分の気持ちを伝えています。最近あんまり反応ないけど……
 

あおむろさん、ありがとうございました!
現在、あおむろさんの大人気WEBエッセイ「あおむろひろゆきのてくてく子育て日記」が「BEST T!MES」で好評連載中です。