常に新たな視点を持ち、従来の研究では取り扱われなかった古代史の謎に取り組み続けてきた歴史作家・関裕二が贈る、『地形で読み解く古代史』絶賛発売中。釈然としない解釈も、その地にたてば、地形が自ずと答えてくれる!? 「ヤマト建国は地形で解ける」をシリーズで紹介いたします。

北部九州の地勢上の弱点

日田の風景

 鉄という、厄介な文明の利器がある。あまりにも便利で、農具にすれば生産性を高め、武器にすれば殺傷力が強く、しかも大量生産が可能と来ている。一度鉄を手に入れた権力者は、その入手ルートを独占し、製造方法を秘匿するものなのだ。
 だから、鉄は奪いあいになる。朝鮮半島に近く、優秀な海人と、止まり木となる島々を握っていた北部九州の首長たちは、鉄の独占を目論んだはずだ。
 朝鮮半島南部(のちに伽耶(かや)や新羅(しらぎ)と呼ばれる地域)に、鉄資源が眠っていた。そして、方々から鉄を求めて人々が集まっていたのだ。
『魏書(ぎしょ)』東夷伝(とういでん)には、次のようにある。

国は鉄を出す。韓(かん)、濊(わい)、倭(わ)、皆従て之を取る。諸市買うに皆鉄を用う。

『後漢書』東夷伝にも、そっくりな記事が載る。貿易に際し、鉄を貨幣のようにして取引していたともある。ここにある「倭」とは、日本列島の人々だろう。鉄を採りに行ったのは、海人たちであろう。彼らは優秀な水夫であり、商人、技術者でもあった。ここでも、北部九州沿岸部から対馬にかけての海人たちが活躍したにちがいないのだ。
 そして北部九州の人々は、「最悪の場合でも、ヤマトに鉄を渡してはならない」と考えていたのではなかろうか。
 なぜなら、すでに触れたように、ヤマトは西側に対する防御が鉄壁だったからだ。

 もし仮に、ヤマトに鉄が流れ込み、発展したら、北部九州はこれを討ち滅ぼすことができない。逆に、ヤマトは朝鮮半島に続く重要なルート上に位置する北部九州が、邪魔になるだろう。
 当然、力と富を蓄えれば、いずれ攻め込んでくるのは間違いない。そのとき、北部九州に勝ち目はなかったのだ。
 ここでいよいよ、地理と地形が大きな意味を持ってくる。
 まず、ヤマトが北部九州勢力を攻めるなら、どこから兵をすすめるだろう。北九州市付近から船団を西に進め、福岡市の手前に上陸し、福岡平野を北側から攻めるのが、正攻法だろう。
 そしてもうひとつ、背後から攻めなければなるまい。その場合、有明海から上陸するという手がある。
 さらに、東側から攻めることも可能だ。じつは、北部九州には、防衛上のアキレス腱があった。それが、大分県日田(ひた)市の盆地だ。瀬戸内海側から攻めてくる敵に日田盆地を奪われれば、これを奪還することはむずかしい。
 筑後川は筑紫平野を悠々と流れるが、上流に向かうと日田盆地の手前で狭まり、大軍が攻め上ることは困難だ。
 逆に、日田盆地から船団を組み流れ下れば、筑紫平野にすばやく兵を展開できる。現実に軍団が川を下ってこなくても、筑紫平野の諸勢力にとって、日田は潜在的な脅威になる。さらに、沿岸部の首長たちにすれば、海と背後から襲われる恐怖を抱え続けなければならない。

次のページ 九州支配の要、日田