好きなファッションを身にまとうだけで、ハッピーな気持ちになれたり、シャキッと背筋が伸びて仕事に精力的に打ち込めたり……と、「服に魔法をかけられた」という経験がある人もいるのでは? 今回はそんなファッション好きな方たちに共感していただけそうな本を紹介します! イラストレーターとして数々の女性誌で活躍している平松昭子さんの最新刊『平松昭子のファッションホリック道』です。前回は平松さんのファッションホリックぶりをマンガでご紹介しましたが、今回はエッセイと4コママンガで、平松さんならではのお買い物考を教えていただきます。

 もう買い物で失敗しない! 

購入前に気を付けることとは?

昨年発売した『平松昭子のファッションホリック道』というタイトルのとおりファッションホリックな私。ひとめぼれで購入したものや、「限定品」に惹かれて買ったもの、試着せずに勢いでレジに持って行ったもの……たくさん失敗したぶん、買い物のスキルは上がったように思います。

買ったときの高揚感とは裏腹に、自宅で袖を通したときに「似合わない……!」という絶望感を感じることは少なくなりました。

せっかく買った服をたんすの肥やしにしないために、まずは売り場で自分に似合うか・似合わないかをとっさに判断できる力を磨きましょう。おすすめなのは、試着室の鏡に映った自分を携帯のカメラで撮影すること。これをするだけで、「似合ってほしい、絶対買いたい」という願望ゆえに目を背けていた「似合っていない自分」を客観視することができます。その際、頭のてっぺんまで写すことです。首から下が決まっていても、頭が入った途端バランスが崩れて「なんか似合わない」ということが多いからです。

カメラテストをして合格した洋服たちを活躍させるためにも、保管方法やお手入れにも気を配って長く愛用したいものです。