常に新たな視点を持ち、従来の研究では取り扱われなかった古代史の謎に取り組み続けてきた歴史作家・関裕二が贈る、『地形で読み解く古代史』絶賛発売中。釈然としない解釈も、その地にたてば、地形が自ずと答えてくれる!? 「ヤマト建国は地形で解ける」をシリーズで紹介いたします。

地形から見えてきたヤマト建国の歴史

『日本書紀』に、来日したアメノヒボコに対し、垂仁天皇は播磨国の宍粟邑(兵庫県宍粟市)と淡路島の出いでさのむら浅邑(兵庫県洲本市)を下賜(かし)したとある。
 しかし、アメノヒボコは「許されるなら、住む場所は自分で見つけたい」と言い、菟う道じ河(宇治川)をさかのぼり、近江国の吾名(あな)の邑(むら)(滋賀県米原市)にしばらく棲みついた。その後、近江から若狭国(福井県西部)をへて、西の但馬国にいたり、ここに居を構えたとある。

写真を拡大 ルート概略図

 なぜアメノヒボコにここまで注目したのかというと、『日本書紀』に描かれた播磨→宇治川→近江→若狭→但馬をつなぐルートが、ヤマト建国に大いにかかわり深い土地だからである。
 アメノヒボコの辿った道は、大切なヒントを隠し持っていたのだ。すでに話したように、弥生時代後期の日本海では、熾烈な主導権争いが勃発していた。

 北部九州とつながった出雲の勢いは増すばかりだったが、「タニハ」も、侮れない力を有していた。
 弥生時代中期末には、丹後半島の日吉ヶ丘遺跡(京都府与謝郡(よさぐん)与謝野町(よさのちょう))に、大型墳丘墓(王の墓)が造営されていた。長方形で台形、墳丘の斜面に貼石をめぐらせた「方形貼石墓(ほうけいはりいしぼ)」だ。
 被葬者の頭のまわりには、大量の管玉(くだたま)が埋納されていた。この時期タニハでは、玉造りが盛んで、鉄製工具もみつかっている。後期に鉄器の量が増えているのは、「玉」を交易品にしていた結果と考えられる。弥生時代後期には、大型墳丘墓が登場する。
 大風呂(おおふろ)南一号墳(与謝野町)のガラス製の釧(くしろ)(腕輪)は、海の外からもたらされた珍宝だ。また、朝鮮半島南東部と交流が盛んになっていった様子が、分かっている。
 問題は、弥生時代後期にタニハから近江や畿内に向かって、先進の文物が流れはじめたことなのだ。
 これは無視できない。
 おそらく、日本海と瀬戸内海で展開された出雲とタニハの主導権争い
が、近江に幸運をもたらしたのだろう。内陸部に味方をつくりたかったタニハが、近江と畿内の諸勢力に接触したのだと思われる。そしてこれ以降、近江や近畿のみならず、東海(伊勢湾沿岸、尾張)まで、富を蓄えていくようになったのだ。

 なぜヤマトの東側に、巨大勢力が現れたのかといえば、「タニハの思惑」が関わっていたからで、この事実が、ヤマト建国に大きく作用していったことは間違いない。
 こういうことではなかったか。

次のページ ヤマト建国!取り残される北部九州勢力