武士だけでなく、公家や豪農、豪商なども名字をもった 

 平安時代も末になると、関東地方の武士たちの多くは、領地の地名を名字にするようになった。この名字を公認したのが、鎌倉幕府をひらいた源頼朝だ。
 日本史学者の武光誠さんによると、「頼朝は、すべての御家人に名字をもたせ、源平争乱で軍に加わった東国の武士は名簿に記録しました。そのため、一定の領地を持つ非御家人たちも頼朝に忠誠を誓い、西国からも名字を記した書類を鎌倉に送りました」。

 やがて、武士たちが使っている名字が家の区別を表す便利な名称だとわかると、公家も「九条」などの通称を使うようになり、それが名字になった。源平争乱後、武士たちは全国に散らばり、広大な領地は豪農がいなければ支配できなくなっていたため、武士たちは豪農にも自分と同じ名字をつけ、田畑を分けた。そのときに多く使われた名字が、藤原系の佐藤、伊藤などである。
 「ところが、武士たちの移住が増えたことで名字と名田のつながりが薄れ、名字は単なる符号になってしまったのです。そこで、戦国時代の多くの武士たちは、名の通った、つまり出世ができそうな名字こそ有利だと考えた。織田信長もその一人です。状況を見ながら、『藤原信長』『平信長』『織田三郎平朝臣信長』と名乗りを変えたという記録が残されています」。

 下剋上の時代は、それでも良かったのかもしれない。だが、江戸時代には幕府の民衆支配のために身分制度が導入され、庶民の名字(当時は「苗字」と表記)は廃止になった。しかし、それは表向きの話。農民や町人は名字を私称することが普通で、名字をもたない方が稀だったと武光さんは言う。
 「明治になり、庶民にも名字が許され、名字は家を表す正式名称となりました。1872年(明治5)には、江戸時代までの通称と実名の併称が禁じられ、よほど不便がない限り、名字・名前の勝手な改称は禁止となった。なぜかというと、源、平、藤原の名字を名乗る人があまりにも多かったからです」。  とはいえ、「源平藤橘の末裔でありたい」という人は、今も多いに違いない。

写真を拡大 ▲諸大名は家紋を幕府に届け出ていた。『寛政武鑑』(国立国会図書館蔵)
次のページ 家紋の起源は、貴族の牛車の目印 武士に家紋を与えたのは源頼朝