ファッションからアイドルまで。STREETJACK公式Webが厳選するトレンドを“まとめ”読み! 今週の“まとめ”キーワードは一点取り入れるだけでトレンド感を醸し出せる、この春のマストハブ「デニムアイテム」にフィーチャーします。

【デニムアイテムとは?】
かなり幅広いくくりだが、今年は下記に紹介するように、“リメイク” “ウオッシュド” “クラッシュ”などひと加工あしらったデニムアイテムがトレンドの模様。色みも従来の濃紺リジッドではなく、春らしいライトなブルーが好まれているようだ。
もちろんジーンズで取り入れるのもいいし、冬アウターをデニムジャケットに差替えるだけでも、グッと着こなしは今っぽく変化する。

1、ここ数年、プチプラデニムのクオリティがうなぎ上り!

〈ユニクロ〉〈GU〉に代表される人気バリューブランドからも、デニムラインが続々登場! お笑い芸人・スパイクのファッション連載企画でも取り上げているように、プチプラと侮るなかれ、インポートやドメブラと比べても遜色ない見た目のアイテムが増えている。

 

2、女子の間ではメンズの一歩先を行く“リメイク”“デザイン”デニムが流行中!

SKE48の私服チェックでもデニムアイテムがちょくちょく登場。スカートでも生地を貼りあわせたりワッペンを使ったリメイク風のものや、ダメージを活かしたクラッシュジーンズなど、ひと癖あるがコーデに個性を呼び込むものばかり。そして色はどれも、ライトブルー! どこか‘90年代の匂いがするのも、共通のポイント。

松井珠理奈


斉藤真木子


須田亜香里


3、メンズはデニムの“シルエット”で遊ぶ 

リアルな街の着こなしとしては、ライトカラーのデニムを九分丈のスマートシルエットで着こなすのがツウ。ワイドシルエットの波は、まだデニムには来ていないみたい。


トレンドの先端を行くショップスタッフの中には、ワイドなデニムのアメカジ感を活かした骨太コーデも散見。


高難易度なリメイクデニムベストを使いこなす猛者もいたが、メンズは今年挑戦するならジーンズでさり気なく、がリアルな落としどころだろう。


4、デニムをスニーカーで落とし込むという選択も

有名ブランドからも、デニム素材の小物が続々発売中。
コーデはあくまでシンプルに! というクリーン君でも、小物で足すならばアメカジに振りすぎず楽しめる。
毎日更新中のSNEAKER JACK DAILYでも、先月デニムアッパーのコンバースを紹介している。

〈ALL STAR 100 DENIM US HI〉

もちろん、加工をしっかり施したスニーカーも選択肢としてあり。
個性が強いアイテムなので、着こなしはトーン抑えめ&シンプルを心がけよう。

〈ミソグラフィー〉×〈ボナム〉コラボスニーカー