大和国の高橋は神に仕えた一族

「高橋」は古代氏族にも存在し、姓にも名字にもあるという比較的珍しい例だ。高橋は地名にも多く、住む場所の地形にちなんで名字になることもあった。現在の高橋のもっとも有力なルーツとされるのが大和国(奈良県) 布留(ふる)の高橋に根ざした高橋一族である。

 姓氏研究家の森岡浩さんは『一個人』4月号の中でこう語る。
「同地には橋があるのですが、付近が渓谷になっており、地表から見ると橋は高いところにある、つまり“高橋”なのです。かつての時代、橋は非常に珍しいもので、その土地の象徴として地名や名字にもよく使われました」。

 

 また、同じ大和国の添そえ上がみ郡には「高橋神社」があり、物部氏と同族の高橋氏が神に仕える役割を担って繁栄した。
「高橋の家紋は笠を用いたものが非常に多い。笠は“竹を立てる”と書き、この竹を立てるという行為は、神様の通い道を設しつらえるという意味。神事の一環なのです」と、家紋研究会会長の高澤等さん。

 ほかにも天皇の食膳を司る一族「膳かしわでのおみ臣」から出た高橋もあり、こうした系譜などから高橋は由緒ある系統と認知されていた。
「九州には武将として栄えた高橋がおり、こちらは武家の象徴である矢羽を使った紋章。笠の家紋についでよく見られる家紋です」と高澤さん。