首相夫人・安倍昭恵が籠池泰典理事長の妻に送ったメールが公開された。「神様は全てご覧になっています」「今はじっと我慢の時です。私もまだまだ追い詰められるのかもしれませんが、お互い頑張りましょう」昭恵夫人は籠池氏妻の問いかけや相談に対してそう語っていた。この繰り返される「神様」の異様さはいったい何だろうか……。哲学者・適菜収氏が最新刊『安倍でもわかる保守思想入門』から切り込む。

どう考えても「特別な宗教」 

 

 拙著『安倍でもわかる政治思想入門』を安倍の女房・昭恵さん(以下敬称略)に献本したら、非常に丁寧なお返事をいただいた。「家庭内野党」としてこれからも頑張ってほしい。
 昭恵といえば、奔放な発言でも有名である。
 そして家庭内の話もいろいろ漏らしてくれる。
「UZU」という居酒屋を昭恵が開いたときは、安倍は開店に反対したが、今では「政界引退後はUZUのオーナーになりたい」と口走るようになったという。
「ただ主人は、ずっと政治家を続けていくつもりは、ひょっとしたらないのかもしれませんね。『(政治家を)辞めたらどこに住むか』なんて話し合ったとき『じゃあUZUをやろうかな』と言われました。私は『ここは結構です。私がやっているんだから。来たこともないのに余計な口出しはしないでね』と言い返しました」
 昭恵は安倍に内緒で居酒屋を開く準備をした。小さな店を開こうとしたことは何度かあったが、安倍は「そんなのうまくいくわけないじゃないか!」と反対したという。
 結局、安倍は自分では道を切り開けない人なんだよね。
 なお、昭恵は、安倍が謝ったり、「ごめんなさい」と言うのを聞いたことがないという(産経ニュース 二〇一四年一月五日)。
「主人自身も特別な宗教があるわけじゃないんですけど、毎晩声を上げて、祈る言葉を唱えているような人なんですね」(『BLOGOS』二〇一六年一一月九日)
 毎晩声を上げて、祈る言葉を唱えているのは、どう考えても「特別な宗教」だろう。

【最新刊『安倍でもわかる保守思想入門』より構成】