札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ&個性的な5人のスペシャリストが採点、論評! 毎日のコーデの参考に!
写真を拡大 クリックでバックショットをチェック!
【評者の採点】

今日のコーデは…
90点!!(100点中)

「ノースフェイスにリーバイス、ニューバランス。
 大人の男が選ぶべき、ザ・スタンダードこそ至高」

鈴木泰輔くん・東京
(24歳) 美容師 身長172cm

最近、おしゃれ早熟キッズに会いすぎたせいか、きちんと歳相応のファッション感覚を身に着けている人を見ると安心しますなあ。ひとつひとつのアイテムチョイスがシブくて、アウトドアをアクセントにしたストリートMIXの着こなしに、ある種達観した落ち着きすら感じる24歳。そしてPUMP的に気になったのがやっぱり足元なわけで…グレーのニューバランス、990でも996でもなく、993ってのがもう激シブでしょう! 確かに993は当時のヒットモデルではあったけど、今のストリートシーンであえてのここをチョイスするのはなかなかの強者。このニューバランスを含め、ウエア類はすべてユーズドでまとめながら、古着っぽさをそこまで感じさせない、クリーンな合わせにも感服!

ジャケット/古着のザ・ノース・フェイス
パーカ約5000円/古着のラッセル
ジーンズ約5000円/古着のリーバイス
スニーカー約1万円/ニューバランスの993
キャップ約5000円/シガレットルーム
リュック約2万5000円/41世紀
メガネ約2万5000円/モスコット

写真を拡大 4世代に渡りモスコット家がニューヨークのロウワーマンハッタンで経営してきた老舗眼鏡専門店〈モスコット〉。グラスコードもアジ。
写真を拡大 鞄や椅子、猫用のテントなどを製作しているDIYレーベル〈41世紀〉のバックパック。ユニークな筒状の形態が背中から存在感をビシバシ!
写真を拡大 2009年にリリースされた990シリーズとしては最新(アップデートをのぞく)品番となる〈993〉。機能美を追求した隠れた名作といえる一足。

 

※本日のスナップ評者※

SNEAKERPUMP
三度の飯よりスニーカーを愛す男。しかし愛しすぎて履けない、汚したくない、崩したくない!自分で履けないぶん、足元観察がストレス解消法とか。合掌。